ミラノの市内交通

milano-city-1

石畳を走るトラムはミラノらしい風景のひとつ。

北イタリアに位置するミラノ。イタリア経済の中心地を担う華やかな街です。市内の移動には、地下鉄・バス・トラムなど、充実した公共交通機関を利用するのが便利。使いこなせば、市内に位置する主要な観光スポットやショッピングエリアへ、比較的容易にアクセスが可能です。

<目次>    

ミラノの市内交通(地下鉄・バス・トラム)その1~路線

ミラノ市内の移動にまず便利に使えるのがメトロ(地下鉄)。中央駅やドゥオモ、「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会に最寄のカドルナ駅などが路線上にあります。
milano-city-2

赤字に白抜きMマークがメトロ(地下鉄)の入り口

主要路線は、3線。それぞれ1~3号線と呼ばれ、赤・緑・黄の”色”で区別されています。ダウンロードもできるPDFマップをスマホに入れておくと便利!

ミラノ地下鉄MAP
※赤・緑・黄色の太めの線が地下鉄(METRO)路線です。
milano-city-2

PDFをスマホにダウンロードしておこう!

■1号線=赤
ショッピングのメッカ、San Babila(サン・バビラ)やDuomo(ドゥオモ)、また、スフォルツェルコ城に近いCairoli(カイローリ)などに停車します。

■2号線=緑
ミラノ中央駅Centrale FS (チェントラーレ)やGaribaldi FS (ガリバルディ)、「最後の晩餐」へのCadrna (カドルナ)へは、こちらに乗車。人気エリアのナヴィリオへは、Porta Genova FS(ポルタ・ジェノバ)からアクセスできます。

■3号線=黄
ミラノ中央駅 Centrale FS (チェントラーレ)と高級ブランドエリアMontenapoleone(モンテ・ナポレオーネ)やDuomo(ドゥオモ)に停車します。

 

ミラノの市内交通(地下鉄・バス・トラム)その2~ルートの調べ方

シンプルな地下鉄と比べて、バスとトラムは路線が数十本以上!”乗り換え案内”を利用するのが得策です。
milano-city-3

使い方は日本の乗り換え案内アプリとほぼ同じです。


地下鉄・バス・トラム乗り換え案内サイト(英語)

使い方は日本の乗り換え案内アプリとほぼ同じ。マップ上の出発地/目的地をクリックもしくは入力し、日時やMAXの徒歩時間などを入力すれば、おすすめのアクセスルートをマップ上に提示してくれます。おすすめ路線のほか、所要時間や料金、乗り場もわかりやすく表示されます。

 

ミラノの市内交通(地下鉄・バス・トラム)その3~チケット(切符)の種類と買い方

milano-city-4

地下鉄駅、バス乗り場付近にある自動販売機

地下鉄・バス・トラムのチケットは共通。駅の自動販売機や街のタバッキで購入できるほか、専用アプリも。

>>>ミラノの公共交通を運営するATMのオフィシャルアプリ の解説ページ(イタリア語のみ)


■チケットの種類
  • 基本チケット 1.5ユーロ 90分乗り放題
  • 10枚回数券 Carnet 10 viaggi 13.80ユーロ 10回×90分乗り放題
  • 1日券 Biglietto giornaliero 4.5ユーロ 24時間乗り放題
  • 2日券 Biglietto bigiornaliero 8.25ユーロ 48時間乗り放題
 

ミラノの市内交通(地下鉄・バス・トラム)その4~乗り方

milano-city-5

混んだ地下鉄やバス、トラムではスリにも注意して!

イタリアでは乗車前の「刻印」が義務付けられています。地下鉄は改札で、バス、トラムは乗車後に打刻器で印字。90分、24時間などの時間制限は、最初の刻印時刻から数えます。

ただし、90分乗り放題チケットは、地下鉄の乗車は一回のみ有効(路線乗り換えは可)。制限時間内でも一度改札を出ると再度乗ることはできないのでご注意を。
 

ミラノのタクシー

milano-city-6

ミラノでもほかのイタリアの街と同様、白タクに乗らないように!

ミラノの正規タクシーは、白や黄色のボディに「TAXI」の表示があります。市内各地に設置されたタクシー乗り場から乗車するか、レストランやホテルで呼んでもらうのが基本的な乗り方。

初乗り料金は、平日が3.3ユーロ。日祝日は5.40ユーロ。深夜(21時から翌6時)は6.50ユーロからスタートします。平日の昼間であれば、ミラノ市内中心部の移動で20ユーロを超えることは稀です。

ちなみに、Uberも利用できます。

※記事内の価格は2019年4月現在の情報です。
 

関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。