ミラノの老舗おすすめカフェ

santambraeus

北ヨーロッパ風のスタイルが楽しめるミラノの老舗カフェ。街行く人や地元の人を眺めながらホッとひと息/サンタンブローズ

ミラノには、イタリア的な「立ち飲みバール」以外にも、お買い物や散策途中によっておきたい有名なカフェがいくつもあります。100年近い歴史を持つ老舗から、ブランド直営のお洒落なカフェまで。ここでは、ゆっくりと美味なるコーヒーを楽しみながら、ミラネーゼに長い間親しまれてきたスイーツがいただける老舗店をご紹介します。「行ったことが記念になる」老舗店……それぞれ、ランチも可能です。

また、イタリアのクリスマス菓子「パネットーネ」も各店のオリジナルは名物。12月にミラノに行かれる方は、少々大きくて持ち運びにはかさばりますが、名店老舗の「パネットーネ」チェックもぜひ!

モンテ・ナポレオーネ界隈の老舗 サンタンブロージュ

santambraeus2

ショーウィンドーに並ぶ美しいスイーツの数々…ジェラートやセミフレッドにも定評あり

高級ブランドが立ち並ぶ、ハイエンドなショッピングストリート、モンテ・ナポレオーネ通りから続く、大通りコルソ・マッテオッティ通りのガッレリア(アーケード)に位置するカッフェ・サンタンブローズは、創業1936年。場所柄、ファッションやオペラ関係者が御用達にするカフェで、故ジャンニ・ベルサーチ氏も、こちらでバースデーケーキを注文していた……などといった話もあります。

<DATA>
■Sant’Ambroeus (サンタンブローズ)
住所:Corso Matteotti, 7
TEL:02-7600-0540
営業時間:7:45~20:30
定休日:日曜
予算:カフェ+スイーツで約20ユーロ前後
アクセス:地下鉄サン・バビラ駅を降りてすぐ

 

高級老舗店の代表 カフェ・コーヴァ

cova

日本でネットでも買えるけど、本店でも食べてみたい!コーヴァのチョコレート

すでに日本でも展開している「カフェ・コーヴァ」。本店は、モンテ・ナポレオーネ通りのほぼ中心にあります。全体的にお高め&いつも混雑していますが、せっかくミラノに来たのならコーヴァの本店で! そんな感覚で行くのがおススメです。創業は1817年。ヘミングウェイやスタンダールにも愛されたという老舗店では、ぜひ名物のチョコレートを。

<DATA>
■Café Cova(カフェ・コーヴァ)
住所:Via Monte Napolemone,8
TEL:02-7600-5599
営業時間:7:45~20:30
定休日:日曜 夏季休業あり
予算:カフェ+スイーツで約20ユーロ前後
アクセス:モンテ・ナポレオーネ通りのほぼ中間点

知る人ぞ知る下町の老舗 パスティチェリア・クッキ

cucchi

カプチーノのクリーミーな泡に感動!地元の人でにぎわう店

こちらは上記の超有名高級老舗店とはひと味違う、下町の名店として知られる店。1936年から営業する店で、コーヒーの美味しさに定評があります。第二次世界大戦末期、店の周辺がスコットランド兵の駐屯地になったときに、紅茶しか飲まなかった兵隊たちが、ここのコーヒーを飲んで以来すっかりファンになった……といった逸話も残されているほど。可愛らしいプチフルールも並びますが、素朴なブリオッシュ(パン菓子)類も美味しい! 朝は、通勤途中のミラネーゼが立ち寄る店に、焼きたての香ばしいが漂います。

<DATA>
■Pasticceria Cucchi
住所:Corso Genova, 1
TEL:02-8940-9793
営業時間:7:00~22:00
定休日:月曜
予算:カフェ+スイーツで約10ユーロ前後
アクセス:地下鉄サンタンブロージュ駅を降りてエドモンド・デ・アミチス通り5分。もしくは、ドゥオモからトリノ通り/チェーザレ・コレンティ通りをお散歩しながら歩いて15分。トラムを乗りこなせるなら、チェーザレ・コレンティ通りとエドモンド・デ・アミチス通りの交差点で降りれば、すぐ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。