世界遺産の街・水の都ベネチアを一日で観光する

ベネチア観光モデルコース

カナル・グランデ(大運河)に立ち並ぶベネチアン・ゴシックの建物群。絵葉書のような絶景

ベネチアは、街全体が観光名所のようなところ。目的を持たずにプラプラと歩くだけでも、ドラマチックでロマンチック。目の前に広がる1000年ひと昔、中世の街並みそのままの風景は、「本物」ならではの迫力に圧倒されます。

サン・マルコ広場、サン・マルコ大聖堂、ドゥカーレ宮殿など、名所旧跡を訪ねてみたい。リアルト橋の上から写真を撮りたい。

外したくないメインの観光スポットを、効率よく組み込みながら、ベネチアの街歩きコースを作ってみました。水の都ベネチアならではの楽しみ、海上からの眺めももれなくセット。

写真を撮ったり、水路沿いをそぞろ歩いたり、ベネチアン・ガラスのショップを覗いてみたり。さあ、カナル・グランデから、ベネチア街歩きを始めましょう!
   

9:15 カナル・グランデ(大運河)からスタート

水上バス(ヴァポレット)から一望するサン・マルコ大聖堂とドゥカーレ宮殿

水上バス(ヴァポレット)から一望するサン・マルコ大聖堂とドゥカーレ宮殿

スタート地点は、ベネチアの玄関口トレニイタリアのサンタ・ルチア駅。さっそく、駅の向かい側にある水上バス(ヴァポレット)乗り場から、2番線に乗船しましょう。
ベネチアの街歩きは、サンタ・ルチア駅前の水上バスからスタート(出展:ウィキメディア・コモンズ)

ベネチアの街歩きは、サンタ・ルチア駅前の水上バスからスタート(出典:ウィキメディア・コモンズ

カナル・グランデを進む2番線。運河沿いに並ぶ、豪華絢爛な装飾を施した館や教会など、海運王国ベネチアならではの「運河の絶景」を、楽しむことができます。

水上バポレット 路線MAP

運河を渡る爽やかな潮風を浴びながら絶景を眺めれば、地中海の街ベネチアにいることが、実感できるはず!

リアルト橋では降りず、ぐるりと迂回。サン・マルコ広場、ドゥカーレ宮殿が見えてきたら、最寄りの水上バス停「San Zaccaria Danieli (サン・ザッカリア・ダニエリ)」で下船します。ゴンドラが浮かぶ海の向こうには、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島も見えますよ。

かつてのベネチア共和国は、「海から眺めて美しく見えるよう」に街が設計されたそう。ちょうどバス停周辺が見所のひとつでもあります。下船前に写真をどうぞ!
 

10:00 サン・マルコ広場で朝のカフェを贅沢に

ベネチアを代表する美しい広場(出展:YvMによるPixabayからの画像 )

ベネチアを代表する美しい広場(出典:YvMによるPixabayからの画像 )

ベネチア共和国の輝かしい時代の象徴「サン・マルコ広場」は、約1000年前からベネチアの暮らしの中心にあります。

広場周囲に立ち並ぶ老舗のカフェに、立ち寄ってみてはいかがでしょう? 美味しい広場を眺めながら、ゆっくりとカフェを楽しめば、悠久の時を刻むイタリア時間に心と体が自然と馴染んでいきます。

おすすめカフェはこちらでも紹介!>>>ベネチアのカフェ・バール・ピッツェリア 
 

10:30 ベネチアのシンボル サン・マルコ大聖堂を見学

見事なモザイクに共和国時代の栄華を垣間見る(出展:ウィキメディア・コモンズ)

見事なモザイクに共和国時代の栄華を垣間見る(出典:ウィキメディア・コモンズ

ベネチアのメイン観光スポットのひとつ「サン・マルコ大聖堂」。輝くこの大聖堂を見ずして、ベネチアは語れません!

時間帯によっては行列ができますが、内観する価値大。壁一面を覆う金のモザイクや、床に広がる多色大理石のモザイクは圧巻です。

正面入り口のすぐ右側から、2階のサン・マルコ博物館(有料5ユーロ)へアクセスできます。

<DATA>
■Basilica di San Marco(バジリカ・ディ・サン・マルコ)
住所:Piazza San Marco
TEL:041-2708311
開館時間:9:30~17:00 日曜・祝日14:00~17:00(冬期~16:30
入場料:無料
 

11:30 豪華なドゥカーレ宮殿へ移動

ベネチアンゴシックの殿堂ドゥカーレ宮殿(出展元:Wikipedia)

ベネチアンゴシックの殿堂ドゥカーレ宮殿(出典:Wikipedia

サン・マルコ大聖堂の横に建つ、ローズ色の豪奢な建物は、ベネチア共和国時代の総督の城、「ドゥカーレ宮殿」です。

共和国時代は政治の中心であり、総督私邸、評議会、裁判所、牢獄などがあった場所。現在は、博物館として公開されています。

目がくらむような華やかな装飾が施された内部には、歴代の総督の肖像画、ベネチアを代表する画家たちの作品群なども。

ドゥカーレ宮殿の脇の小運河には、「ため息の橋」と呼ばれる白い橋がかけられています。運河を隔てた対岸にあった牢獄と宮殿尋問室を結ぶ橋。囚人がため息を漏らしながら渡ったと言われています。牢獄に幽閉されていた傘ノヴァも歩いたかもしれません。

<DATA>
■Palazzo Ducale(パラッツォ・ドゥカーレ)
住所:San Marco 1
TEL:041-2715911
開館時間:
4月1日~10月31日 8:30~21:00(最終入場20:30、日曜~木曜)、8:30~23:00(最終入場22:30、金曜~土曜)
11月1日~3月31日 8:30~19:00(最終入場18:30)
休館日:12月25日、1月1日
入場料:13ユーロ 
 

13:00 おしゃれなカフェで運河ビュー・ランチ

洗練されたデザインと絶景が楽しめる穴場カフェ

洗練されたデザインと絶景が楽しめる穴場カフェ

サン・マルコ広場から海沿いを西に進み、「ハリーズ・バー」を経由して、「カ・ジュスティニアン館」へ向かいましょう。

この建物は、ベネチアで開催される建築とアートの祭典ビエンナーレの本部でもあり、運河に面したカフェがあります。

デザインの本拠地だけあり、使われる食器類や料理もとてもおしゃれ。運河を一望しながら、テラス席でランチをどうぞ!

<DATA>
■L’ombra del Leone(ロンブラ・デル・レオーネ)
住所:San Marco 1364, Ca’ Giustinian
TEL: +39 041 241 3519
営業時間:9:00 - 23:00 
定休日:日曜
 

14:30 3月22日通りからアカデミア橋へ

高級ブティックやギャラリーが立ち並ぶ3月22日通り

高級ブティックやギャラリーが立ち並ぶ3月22日通り


「カ・ジュスティニアン館」を出たら、高級ブティックが立ち並ぶ「Calle Larga XXII Marzo(3月22日通り)」を通って、アカデミア方面へ向かいましょう。

小運河にかかるいくつかの小さな橋を渡り、たまに蚤の市が開かれる小さなサン・マウリツィオ広場を経由して、学生や観光客で賑わうサン・ステファノ広場へ。

広場から、大運河へ方面に向かうと木製の「アカデミア橋」があります。橋の上からは、渦巻き模様の装飾が目印の白い「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会」を見ることができます。
 

15:00 グッゲンハイム現代美術館の緑のお庭でリラックス

カナル・グランデにかかる唯一の木造の橋アカデミア橋

カナル・グランデにかかる唯一の木造の橋アカデミア橋

アカデミア橋のたもとにあるのが、「アカデミア美術館」。少し先には、近代美術を展示する「グッゲンハイム美術館」があります。教科書に出てくるような馴染み深い近代アーティストの貴重な作品を展示しています。

美術館内部には、緑あふれる庭や、ガラス張りのカフェも。観光客の喧騒からしばし離れ、アートに囲まれて静かに過ごすのもまたオツです。
人気の現代アート美術館。周囲にはアートギャラリーも多く立ち並ぶ(出展:Wikipedia)

人気の現代アート美術館。周囲にはアートギャラリーも多く立ち並ぶ(出典:Wikipedia

<DATA>
The Peggy Gugghenheim collection (ザ・ペギー・グッゲンハイム・コレクション)
住所:Dorsoduro 704, Venezia
TEL:041-2405411
開館時間:10:00~18:00
休館日:火曜と12月25日
入場料:15ユーロ 
 

16:30 ベネチア名物ゴンドラに乗ってみる?

優雅な水上散歩はベネチアの醍醐味

優雅な水上散歩はベネチアの醍醐味

ベネチア名物のゴンドラ。ゴンドラからベネチアを眺めると、視線が低く、徒歩とはまた違う味わいが楽しめます。運河の水音をBGMに、ベネチアを眺めてみてはいかがでしょう?

フレンドリーなゴンドラ漕ぎのお兄さんたちが、巧みな腕で櫂を操って見せてくれるのも見どころの一つ。ただし、料金は必ず事前にチェックすること。相場は30分80ユーロ程度からです。
ゴンドラは正規の乗り場から乗りたい(出典:publicdomainpictures.net)

ゴンドラは正規の乗り場から乗りたい(出典:publicdomainpictures.net

街中のあちこちでゴンドラ漕ぎに声をかけられますが、正式なゴンドラ乗り場から乗船するのが鉄則。サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会前に乗り場があります。また、大運河のコースより、街中の細い水路のコースが雰囲気もよくオススメです。
 

17:30 リアルト橋でお土産探し&バーカロで食前酒

白亜のリアルト橋。橋から眺める運河の夕景はドラマチック

白亜のリアルト橋。橋から眺める運河の夕景はドラマチック

アカデミア橋からリアルト橋までは、直線距離で500メートル程度。迷路のような路地をぷらぷら歩きながら、途中迷ってみたり、穴場のお店を見つけながら、あっという間に到着です。

体力に自信のない人は水上バス(ヴァポレット)で一気にリアルト橋へ。サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会前か、アカデミア橋のたもとに乗り場があります。

ベネチアの商業の中心であったリアルト橋周辺は、今でもベネチアで最も繁華なエリア。白い大理石の橋の上から眺める風景は、絶景です。路地裏に佇むベネチア風エノテカ「バーカロ」でいっぱいやるもよし。
 

20:00 夕食は、地中海の魚介料理を

小さな水路脇にひっそり佇むリストランテ

小さな水路脇にひっそり佇むリストランテ

ベネチアの街歩きの締めくくりは、地元の人も行くリストランテ「アル・フォンテーゴ・デイ・ペスカトーリ」へ。毎朝、リアルトの魚市場で仕入れる新鮮な魚介を使ったベネチア料理が食べられます。

リアルト橋の東側にあるサンティ・アポストリ教会前を経由して、徒歩10分で到着。テラス席がオススメです。

<DATA>
■Al Fontego dei Pescatori(アル・フォンテーゴ・デイ・ペスカトーリ)
住所:Cannaregio 3726, Calle Priuli
TEL: 041-5200538 (要予約)
営業時間:9:00~23:00
定休日:無休

※ データ等編集部調べ

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。