ベネチアらしさを感じるお店で、ちょっと休憩

軽く食べたり、ひと休みしたり。そんな時に寄るお店もベネチアらしいところがいい!

軽く食べたり、ひと休みしたり。そんな時に立ち寄るお店だって、ベネチアらしいところがいい!

例えば、イタリアで一番古いと言われる歴史あるカフェや、運河に面したバール……。観光途中にちょっと一息というときに寄るお店も、せっかくだからベネチアらしいところがいいですよね。

ここでは、
  • ベネチアの歴史を存分に感じさせてくれる老舗のカフェテリア
  • ベネチアらしいひと時が過ごせる地元の人に人気のバール
  • 一口食べれば元気になれるベネチア自慢のドルチェのお店
  • ひと休みは「お茶」だけにあらず。ベネチア風ピッツェリア
の4タイプのお店をご紹介します。昼間ならカフェを、小腹がすいたらピッツァ、夕方ならアペリティーボ(食前酒)を。ベネチアらしい「ひと休み」を過ごして下さい。

ベネチアのカフェテリア

ベネチアはイタリアで最も早くコーヒー文化が花開いたところ

ベネチアはイタリアで最も早くコーヒー文化が花開いたところ

ヨーロッパの中でも、コーヒーがいち早く輸入された歴史があるベネチア。今でも歴史的なカフェテリアが数多く残されている町です。

上流社会の社交場だったカフェテリア。当時の面影を残す内装やカメリエーレ(ウェイター)の正装コスチュームに、ベネチアらしい歴史を感じることができます。

歴史的なカフェの代表は、サン・マルコ広場に集中。18世紀の華やかさを今に伝えるゴージャスなカフェで、優雅なひと休みを。

ベネチアのカフェテリア1 カフェ・フローリアン

べネチアに訪れたなら、一度は訪れたい憧れのカフェテリア

べネチアに訪れたなら、一度は訪れたい憧れのカフェテリア
 

1720年創業、ワーグナーやプルーストなどの文化人や芸術家たちも足しげく訪れたという老舗中の老舗。サン・マルコ大聖堂を眺めるテラス席、ため息が出るほど豪華な内装の室内席など、どこに座っても美しいひと時が過ごせます。

カーニバル時期は、18世紀の貴族風衣装で着飾った人たちが席を埋め、映画のワン シーンに紛れ込んだかのような風景に出会うことも。ここでは、このカフェテリアを代表する「チョコラータ・コン・パンナ」をぜひ。

<DATA>
Caffe' Florian(カフェ・フローリアン)
住所:San Marco 56, piazza san marco
TEL: 041 5205641 
営業時間:10:00~24:00
休日:無し(冬季は水曜)
アクセス:サンマルコ広場南側

 

ベネチアのカフェテリア2 カフェ・クアドリ

ああ

どちらのカフェにするか悩みますね

サン・マルコ広場のもう一つの有名店。創業1775年。カフェ・フローリアンとは双璧をなす歴史ある店です。

パステル調のロマンチックな内装が施された一階入り口近くには、かわいらしいドルチェが並び、食べずにはいられません!

カフェ・フローリアン同様、こちらも店先でもミニ・オーケストラが演奏。優雅な音楽を聴きながら、ベネチアのシンボル、サン・マルコ広場を堪能できます。

<DATA>
Caffe' Quadri(カフェ・クアドリ)
住所:San Marco 120, Piazza San Marco
TEL: 041 5222105 
営業時間:9:00~23:00
休日:無し (冬季は月曜)
アクセス:サン・マルコ広場北側