一人旅、したことありますか?

allabout77933-1

一人だと風景も違って見えるかもしれない

友達や家族、恋人と。誰かと一緒の旅も良いけれど、一人で心ゆくまで街を眺めてみたい。予定を決めずに歩いてみたい。イタリアを一人旅で楽しむ人は多くいます。

ガイドも人生でたった一度だけですが、「イタリア一人旅」の経験があります。今では仕事やプライベートでイタリアを一人で旅することはありますが、それはもはや単なる移動……。必要に迫られてのことですが、いわゆる旅行としての一人旅は、後にも先にもあのときだけ。

一人旅に慣れていない私でも、なんとかなったイタリア一人旅。体験談を交えて、イタリアの一人旅についてお話します!
allabout77933-3

Barで地元の人に混ざって立ち飲みしてみたい!なんて夢がきっかけでもいいんじゃない?

 

イタリア一人旅、その目的は?

     
  • 習ったイタリア語を現地で使ってみたい。
  • 短期で語学学校に行ってみたい。
  • 美術館を徹底的にめぐりたい。
  • ナポリでピッツァを食べ比べたい。
  • ワイナリーでじっくりワインを堪能したい。
  • 現地の友達を作りたい。
  • 料理を研究してレシピを増やしたい。
などなどなど。やってみたいことを突き詰められるのも一人旅の醍醐味。

具体的な目的がなくても、誰も助けてくれない状況で、一人でどこまでやれるか自分を試してみたい。日常から切り離された自分と対話してみたい。など、手段として一人旅を選択する場合もあるかもしれません。

私の場合は、「一人で旅がしてみたい」が目的でした(笑)。興味のあったイタリアを、”間に誰も挟まず”ダイレクトに体感してみたい。やってみたかったことを全部やってみる。なんでしょう、冒険欲でしょうか。

皆さんは、どんな目的で一人旅をしましたか?また、してみたいと思いますか?

イタリア一人旅ルートは、期待と妄想の結晶

自分勝手に旅のルートを決められるのも、一人旅ならでは。まずは好き放題に希望を列挙することから始まります。
allabout77933-4

観光客ではなく、暮らしてみるフィレンツェはどんな感じかな?

イタリアに住み始める前に、私が体験したイタリア一人旅。それは、長い1ヶ月に渡る旅路でした。

列挙してみた希望は、「現地で語学を習いたい」「フィレンツェに住んでみたい」「イタリア人の普段の暮らしを見てみたい」「トスカーナの田舎に行ってみたい」「シチリアに行ってみたい」「海峡を渡る”電車”を体験してみたい」「シラクーサの旧市街を歩いてみたい」と、欲張り放題。

その結果、立てたルートがこちら。

フィレンツェの語学学校2週間の短期留学&ホームステイ

トスカーナ・キャンティの料理教室1週間の滞在

ナポリ・ソレント周辺3泊

電車に乗ってシチリアへ移動

シラクサ3泊

カターニャ3泊

飛行機でローマへ

ローマ2泊

語学学校でちょっとイタリアに慣れてから、そこで習ったイタリア語を使って旅をしよう!と、計画的なようで無謀な冒険。好奇心とせっかちさが浮き彫りになるルートができました。

冒険の最終目的地は、南イタリア!

allabout77933-5

南は開放的で気楽に過ごせそうなイメージ

語学学校や料理教室ではレッスン仲間がいるので、完全に一人きりになるのは、ナポリから先の南イタリア。なぜ南を選んだかといえば、映画や本で知る南イタリアへの憧れと、「南の人の方が気さくそう」のイメージから。

人との出会いはどこにだってあるはずですが、「やあやあ」と気軽に声をかけてくれそう。イタリア語がまともに話せなくても、おおらかに相手をしてくれそう。と、単なるイメージと勝手な予想をベースに、行き先を決めたわけです。

実際のところ、予想はだいたい当たっていました。間違っていたのは、気さくなのは南に限らなかったことだけでしょうか。

南イタリア一人旅、やっぱり危険?

南イタリアは「気さくそう」。だけど同時に「危険そう」。何はともあれ、万全の体制で挑みました。
 
防犯ベルを携帯し、クレジットカードや現金は分散して保管。バックを持たずに歩けるようポケットの多いコートを用意。マップを暗記……などなど。かなり警戒しましたが、気を張っている=気をつけている人は、スリも狙わないことを体感しました。

ちなみに、スマホ頼りになりがちですが、いつクラッシュするかわからないものです。ホテルの予約シートやEチケットなど、重要なものはプリントアウトしておくのが無難でしょうね。開けなくなったら…治安以前に完全なパニックになりますから。

スリや置き引きは無事でしたが、想像を超えた危険なこともありました。そ・れ・は……

何が一番危険だったかって、それは…

一番危険!と感じたのは、声をかけてくる男性のしつこさでした!!
allabout77933-6

悪い人ばかりではないはずだけど、しつこいとウザいは世界共通

これこそ、「南イタリアは気さく」の裏返し。当時の一人旅日記の中には「シラクーサの男性は、ホルモンの病かも」とメモっていたほどで、それはそれはしつこく、まさに想像を絶していました。

バールやタバッキでヒマなご近所さんが、ホテルではボーイさんが、銀行では行員が、

「ねえ、どこからきたの?何してるの?今夜、一緒に出かけない?」

美術館では監視員につきまとわれ、鑑賞を邪魔する監視員がこの世にいるのか!と面食らいました。

悪気はないんだろう。単なる習慣なのかもしれない。邪険にするのも悪いかな?などとちょっとでも相手をしようものなら、エンドレスループ。適当にあしらう術を習得するまでは、無視もしくは強めのNO以外はあり得ないことも学びました。

もちろん、南イタリアの男性全員がしつこいわけではありません。基本的には真面目な人の方が多いでしょう。そもそもまともな人は”しつこく”声をかけてきたりはしませんから、路上で出会うこともないわけです。

一方、ホッコリ親切体験も

allabout77933-2

オレンジ色にライトアップされるイタリアの夜は素敵…だけど一人歩きはやっぱりコワイ

また、こんなこともありました。

ある夜のこと。とある停留所でバスを待っていると、若い男子たちがゾロゾロとやってきました。珍しいのかジロジロ見られるし、夜だし、怖い!あまりの怖さに耐えきれず、声をかけてみることに。攻撃は最大の防御なり的発想です。

「このバスは????に行きますか?」

覚えたてのイタリア語で話しかけると、男の子たちは一斉に「行くよ!」と答え、これをきっかけに会話が始まりました。

これで大丈夫。変な人がきたらこの子達と知り合いのふりをすれば……。

バスに乗車すると、なんとなく別れて全員一番後ろの席へ。私は前の方に座りました。すると、彼らのうちの一人が近くにやってきて、黙ったまま側に立ったのです。

あ、怪しい…。

思わず、バックを抱える腕に力が入る。緊張感を保ちつつ車窓を眺めていると、彼らの降りる停留所に到着。そばにいた男子は降りる直前、バスのチケット裏に何か書き込み、「チャオ!」と笑顔で手渡してくれました。

そこには、「気をつけてね。ブオン・ヴィアッジョ(良い旅を)!」とメッセージが!

なんということでしょう。ボディガードのつもりでそばにいてくれたのでしょうか?怪しがってごめんよ。先の会話から、ヒアリング力を慮ってメモ書きにしてくれたのかもしれません。

彼は、しつこい美術館監視員などにはならないことでしょう。記念に取っておこうと思ったチケットは、とっくの昔になくしましたが良い思い出です。

次回は、一人旅の困りものは食事?などをテーマにお送りします!



「一人旅してみる?」シリーズ
イタリアで一人旅してみる?その2 難問?!一人の食事はどうする?!
イタリアで一人旅してみる?その3 一人旅経験者から報告続々。一人旅って寂しい?……それとも。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。