日本食に『5Factor(ファイブファクター)ダイエット』を取り入れる

イメージ
豆腐などの豆類を、積極的に献立に加えましょう
「食事内容に5つのFactorを取り入れたり、1日5食を実行するのは難しい!」と思うかもしれませんが、特に食事内容に関しては、アメリカンな食事より和食のほうが5Factor=5つの要素を取り入れやすいものです。

例えば、豆腐や納豆などの豆類は低脂質&高たんぱく質な食材ですし、青魚や白身魚も低脂質で良質の油が豊富。また、海藻やきのこ類も食物繊維やミネラルが豊富ですから、献立に加えることで自然と低カロリーでバランスのよい食事内容になります。

食事回数については、朝・昼・晩以外の2度の食事タイムに、豆乳、果物、野菜スティック等を活用すると便利で効果的です。

『5Factorダイエット』は、案外私達日本人にも受け入れやすいもの。特に1日5食により空腹感が無くなることで、ドカ食い防止に効果的です。

いつもの食事を少し見直し、バランス良くこまめに食べる習慣をつけるだけで、アナタもハリウッド女優のようなセクシー&美ボディになれるかもしれませんよ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。