サイゴンから来た晩白柚

晩白柚
ともかく、大きくて美しい!
晩白柚(ばんぺいゆ)の名前の由来は、晩(晩生※熟期が遅い)・白(果肉が白っぽい)・柚(中国語で丸い柑橘という意味)です。

その由来は古く、大正9年に晩白柚の産地(熊本の氷川)出身の植物学者 島田弥一氏が、現在のベトナムの船上で食べた柑橘があまりにも美味しくて、サイゴンの植物園から株を分けてもらったのが起源のようです。
但し、当時は栽培法がわからず、普及には至らなかったようです。その後、昭和5年に台湾から鹿児島県果樹試験場に株が導入され、最適産地の八代市地区に根付いたようです。

晩白柚は栽培が非常に難しい

晩白柚はとても栽培が難しいです。先ず、自分自身では受粉しにくいので、晩白柚以外の柑橘類がないと、実がならないのです。晩白柚の晩の字が示すように、受粉時期が遅いので、他の柑橘類の花粉がない時期に受粉しなければなりません。その為、農家ははっさくの花粉などを冷蔵保存して、人工授粉させます。

もちろん、実があまりに巨大なゆえに、台風の風の被害を受けやすく、日当たりがよく、風をよけられる場所でしか栽培できませんから、栽培適地も非常に限られます。
当然、生産量も非常に少ないです。

収穫後、2週間ほどビニールハウスで追熟させ、色だしと酸味抜きをして、ようやく出荷できます。晩白柚の特徴は非常に長い日持ちです。常温で保存すれば、2ヶ月近く味は変わりません。

どんなに大きいか?

晩白柚
卵と比較すると大きさがわかります
今回の晩白柚は約2.1kgで直径は20センチです。中に入っている袋は1袋が10センチ以上でひと口ではとても食べ切れません。5袋食べれば、かなり満足です。1個で15から18袋なので、1個で3人から4人が一度に満足できるビックサイズです。
大きさの点では間違いなく世界一の果実だと思います。(スイカは果実ではないです)


味と香りは?

晩白柚
粒が大きく食べ応えがすごい
糖度は12度前後ですから、爽やかな甘さです。果肉はかなりしまっています。味は伊予柑と夏みかんの中間という感じで、やはり、文旦に近いです。
香りはとても良いです。日持ちしますから、先ずは玄関や部屋(もちろん、床の間)において、インテリア的な楽しみ方をするのがお奨めです。
食べるのは、充分に姿と香りを楽しんでからでも遅くはありません。
こいつが玄関に鎮座していれば、訪れた人は必ず驚嘆の声をあげます。

次ページで、晩白柚を堪能します>>