モンステラの実は幻のフルーツ?

モンステラの実とは? 

モンステラの実とは? 


熱帯地方で育つ、モンステラの実は、滅多に食べることのできない幻のフルーツと言われています。もともとは、観葉植物として知られている植物なのですが、石垣島や小笠原諸島では、その実がフルーツとして売られているのです。では、今回はそのお味をレポートします!
 

モンステラの実の不思議な見た目

モンステラの実
細長い緑色の姿をしています。
バナナくらいの大きさのモンステラの実には、緑色のうろこが皮にびっちりと詰まっています。触ると亀のこうらのように固いのが特徴的で、特に香りもなく、一体どうやって食べるのか見当がつきません。フルーツと言われなければ、食べ物だと分からないくらいです。
 

モンステラの実の食べ方

モンステラの実
皮が剥がれてきました。
モンステラの実は、ラップをしたものを常温で保存します。しばらくすると、上部からうろこが剥がれてきたら、それが食べごろの合図です。軽く触れると、うろこがぼろぼろと落ちてきて、中からハチの巣のような穴に埋まった、白い実が現れます。実はちょいと指で摘んで食べるのですが、うまく摘めなかったので、そのままかぶりついてみました。
 

モンステラの実のお味は……

モンステラの実
白い実を食べてみました。
モンステラの実は、なんともねっとりとした食感でした。肝心の味ですが、パイナップルとバナナを足して2で割ったような味です。少々口の中に黒いツブツブが残るのが、気になりますが、フルーツらしい芳醇な味と香りがします。皮が1日2~3cmずつ剥がれるため、チビチビと1週間くらいかけて楽しめます。これはフルーツとしては、なかなか面白い食べ方です。ただ、剥がしすぎるとまだ渋みが残っているので、必ず自然に剥がれるのを待つべきです。

話のネタに、南の島に来たときに一度食べてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。