イタリアンメレンダ vol.1

セモリナケーキ
Semolino Dolce

メレンダは栄養価重視

イタリアでは、いわゆる「オヤツ」といわれる「メレンダ」は、栄養価を重視します。
甘いだけでなく、チーズやフルーツ、ミルクなどと、身体にとって即パワーになり、即栄養に繋がるものを好みます。
イタリアのマンマも、この点に重視して、メレンダを作ります。また手作りメレンダこそ、マンマの腕の見せ所でもあります。

セモリナ粉の栄養価は「優」

即パワーになると言われているパスタメニュー。スポーツ選手などが、こぞって練習前にパスタを食べるとも聞きます。それはスタミナに反映し、即パワーにつながると言われているからです。
パスタは基本的に小麦粉の種類でもあるセモリナ粉100%でできているので、すなわちセモリナ粉こそがそのパワー源ともいえます。
実際、イタリアでは離乳食期に、パスタなどの固形物が食べられない赤ちゃんにもセモリナ粉を溶いたものを与えます。実際、小麦粉類の中でもグルテン率が一番高く、タンパク質も豊富とされるほか、ビタミン、鉄分、カリウム、食物繊維も含まれています。

手で食べられる温かいセモリナケーキ

今回は、栄養価満点でイタリアの子供も大好き、しかも簡単でフィンガータイプ(手で食べられる)というセモリナ粉を利用したドルチェを御紹介します。
このセモリナケーキ(セモリーノ・ドルチェ)は、ピエモンテ州の郷土菓子で、いわゆるデリ(ガストロノミア)などでも出来上がりを買うことができます。そしてその店によって味が違うのも特徴で、家庭も同じくして家庭の味があります。
また、フリット・ミスト(揚げ物盛り合わせ)と一緒になって出てくる場合のあるものです。
おやつにもお食事にも、どちらにでも美味しくいただけるひと品です。
軽く揚げてあるので、手にもって食べることもできます。
揚げたては、中のセモリナとミルクがトローリと出てきて、本当に美味しくいただけます。

セモリナケーキ
Semolino Dolce

【材料】4人分
牛乳…………………………500cc

デュラム・セモリナ粉………60g
グラニュー糖………………60g
全卵…………………………1個分
塩……………………………ひとつまみ
レモン汁……………………小さじ1杯
オリーブオイル……………適量
デュラム・セモリナ粉………適量
粉糖…………………………適宜


【作り方】
1. 厚手の鍋に牛乳、ひとつまみの塩を入れ、沸騰しないように湧かし、グラニュー糖を入れて煮溶かす。
2. 1にセモリナ粉を入れ、中火で木ベラにもったりとつくまでじっくりと混ぜ合わせる。
3. 「じゃがいものピューレ」状になったら、レモンを入れ混ぜ合わせ、バットに入れ、冷蔵庫に入れ、冷やす。
4. 冷えたら包丁を入れ、食べやすい大きさに切り、とき卵にくぐらせ、セモリナ粉をまぶして、中温のオリーブオイルで衣が黄金色になるように揚げる

5. 皿にもったら、好みで粉糖をまぶして、あたたかいうちにいただく。

【メモ】
・好みでオレンジ風味にしたり、サルタナレーズンを入れます。
・イタリアでは大胆に大きめのひし形に切り分けます。
・冷めたらレンジやオーブンで再加熱してください。
・揚げ物が苦手な方は、バットに入れる前の状態のものでも、温かければ美味しくいただけます。
・本来はグラナ・セモリナ粉を使用します。

デュラム・セモリナ粉はこちらでお買い求めいただけます。


イタリアンなメレンダにもオススメメニュー
朝に一杯飲みたいブラッドオレンジジュース
おやつにも最適! 大麦(オートミール)のビスコッティ
野菜で決めたい朝のたまねぎのジャム
家庭の味に差が出るマンマのニンジンのタルト
赤ちゃんも食べられるじゃがいものスフレ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。