美味しいイタリアン
ベヴァンデ

ブラッドオレンジジュース

イタリアに行って、オレンジジュースを注文したところ、「なんじゃこりゃ?」 「トマトジュースが着ちゃった」とか、このオレンジジュースを見て思われた方はいらっしゃいますでしょうか?

とあるインポーターは、シチリアを旅している時、バールでオレンジジュースをオーダーしたら、なんと真っ赤なジュースが出され、その人はトマトジュースが大嫌いだったので、飲まずに大クレームをつけたとか。もちろんそこにいたイタリア人は、「これがオレンジジュースだ! 飲んでみろ!」 と引かない。そう、だってこれは別名ブラッドオレンジとも言われる、真っ赤なオレンジジュースだったからです。

地中海地域にて栽培されるArancia Rossa(赤いオレンジ)は、Tarocco(タロッコ)種、モロ種、サングイネッロ種と言われ、通常のオレンジと異なり、身が真っ赤なのが特徴です。そんな色合いから、ブラッド(血)がつけられるようになりました。

味わいはオレンジ色した、通常のオレンジジュースよりもふくよかで、酸がしっかりとしており、食事中に飲んでも嫌みにならない甘さです。

さて、栄養面で通常のオレンジジュースと異なるのは、ビタミンCの量です。タロッコには通常のオレンジの約2倍のビタミンCがあり、女性の肌トラブルなどには欠かせない量があるからです。
また、話題の抗酸化作用のあるアントシアニンも豊富で、ビタミンCと融和して、疲れた体をほぐしてくれる素敵なオレンジジュースだったのです。

最近、日本でもお目見えのブラッドオレンジジュース。こちらは市販品でも、「冷蔵品」と「冷凍品」があります。「冷蔵品」の場合、添加物が多少あり、砂糖などが添加されていますので、オレンジの酸が苦手な方にはお勧めです。一方、「冷凍品」は、その通り、100%搾取した後、冷凍にしてありますから、天然のタロッコオレンジの美味しさを楽しむことができます。こちらは冷蔵庫での自然解凍の後、召し上がって下さい。なお、絞り立てを冷凍しているわけですから、時間が立つと、空気に触れて若干色が変わる場合もありますが、品質に問題はありません。
ただし、お値段は通常のオレンジジュースに比べ、若干高めです。
「冷蔵」「冷凍」とありますので、食料品店スーパーによっては、「冷凍コーナー」にある場合もあります。

我が家の冷蔵庫にブラッドオレンジジュースがある日は、夫婦二人で取り合いになる程人気。朝、昼、夜、欠かせない飲み物です。

また、キリリと冷えたスプマンテ(プロセッコ)と割って、シチリア風ミモザなんてカクテルもオススメです!

イタリアン、こだわるならオレンジジュースもブラッドオレンジで決めてはいかがですか?
特に女性には必要なビタミンCが豊富ですよ!

☆イタリアン ノンカフェイン飲料 カモミール

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。