栽培技術が発達したおかげで、さまざまな野菜が季節を問わずに食べられるようになったのは嬉しいのですが、ともすると、 その野菜本来の旬を忘れがちです。うるいは今が旬です。この季節に食べることに意義があるような気がします。 しゃきしゃきした歯ざわりを活かすために、さっと茹でて仕上げます。生でも食べられる野菜なので、茹ですぎないで下さい。

うるいの肉巻

 
うるいの辛子酢味噌


材料 4人分

・うるい ................................1束
・味噌 ..................................大さじ2
・三温糖(砂糖) ........................大さじ1
・酢 ....................................大さじ1
・しょう油 ..............................少々(小さじ1/4)
・練り辛子 ..............................小さじ1/3~1/2
・卵黄 ..................................1/3コ
・マヨネーズ ............................小さじ1


作り方

1.うるいは、皮の隙間に土が付いてる場合があるので、 洗いおとして綺麗にする。 茎が太い場合は根元に包丁で切れ目を入れ、塩を少々入れた沸騰した湯に、茎の方から入れていき、葉の部分を入れて、ひっくり返し、一呼吸おいて、冷水にとって冷まし、水をきる。

2.味噌・砂糖・酢・しょう油・練り辛子を入れて混ぜる。

↑これだけでもいいが、今回はこれに卵黄とマヨネーズを加えて、まろやかな酢味噌にする。

3.うるいを4cmほどに切って器にもり、辛子酢味噌をかける。

(すぐに食べるのなら、和えてしまってもいいのです。)


昨日紹介したのは「鯛のアラの簡単蒸し物」  レシピはこちら!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。