餃子の包み方と焼き方

餃子の包み方は一種類ではありませんが、比較的簡単な包み方を紹介します。 写真は、包む側<私側>から見たように載せてます。※【餃子の具の作り方】

餃子の包み方





1.皮にを小さじ1ほど乗せる。(皮の大きさにあわせる)
2.上半分の端の部分に水をつけて、右手の親指と人差し指で右端をくっつける。
3.左の人差し指で上の皮を押し出す。
4.押し出されたヒダを右指で挟んでくっつける。
5.↑の動作を繰り返す。

慣れると、左の指は添えなくても、右の親指と人差し指だけで、キュッキュと包めるようになります。

餃子の焼き方



1.フライパンを熱し、油をひき、餃子を並べる。(強火!)
2.すこし焼いたら、餃子の1/3~1/2の高さまで水を加え、ぴったりの蓋をして焼く。
3.(だいたい5分前後に)水がなくなったら、油少々をさし、フライ返しで皿にとる。

酢、しょう油、ラー油を混ぜたタレでいただきます。

餃子が残ったら...
揚げ餃子・揚げ焼売

材料
餃子、焼売

作り方
1.餃子と焼売に、小麦粉、卵、パン粉をつける。
2.油で揚げる
3.鍋に、出し汁100cc、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖大さじ1、しょう油大さじ3を煮立て、片栗粉で固めにトロミをつけて タレを作る。
4.揚げた餃子と焼売にタレをからめる。青海苔粉かみじん切りパセリをふる。

◆◆前ページは手羽先餃子、次のページはりんごの飾り切り。