手羽先餃子の作り方

2.【餃子の包み方・焼き方】
3.【りんごの飾り切り】

まずは下ごしらえから....

【手羽先の骨を抜く】



1.手羽先のさきの部分の、骨と肉をつないでる硬い筋を、ナイフで切り離す。
2.グッと力を入れて、肉をずり下ろす。
3.手羽先を両手に持ち、関節を折る。<骨を折るのではない>
4.右手で、骨を関節側に押し込むようにし、折った関節から飛び出した骨を引き抜く。(ケガに注意!)
抜いた骨は捨てないで、スープを作りましょう。 

関節を切って、肉を下までずり下げたらチューリップ揚げ用になる。

【餃子の具を作る】

材料
豚ひき肉150g、白菜みじん切り1カップ、長ネギみじん切り1カップ、ニラ10本、卵白1コ、おろしニンニク小さじ1

1.白菜、長ネギ、ニラをみじん切り。
2.ニンニクをすりおろす。

3.野菜を布巾に包んで水分を絞り出す。

4.豚ひき肉に卵白と調味料<ごま油大さじ1・しょう油大さじ1・砂糖大さじ半分・塩コショウ少々・旨味調味料)を加え、手でもむ。
5.野菜とニンニクを入れ、混ぜる。

【手羽先餃子を作る】

1.骨を抜いた手羽先に餃子の具を詰め、口を楊枝で留める。
2.塩コショウ、しょう油、酒、砂糖少々で下味をつける。

片栗粉をたっぷりまぶし、余計な粉をはたいて、170℃位の油に入れて、キツネ色になるまで揚げる。

【170℃の温度の確かめ方】
天ぷらの衣を落としてみた時に、油の中ぐらいのところまで沈んで すぐ浮き上がると170℃です。又は、野菜の薄い切れ端を落としてみて2秒ほどで浮き上がってくれば170℃。5~6秒かかれば、まだ160℃です。

餃子の具の代わりに、レトルトの餃子を詰めたら簡単です。

次のページは餃子の包み方と焼き方。