ケイジャンチキンのレシピ!オーブンで焼くだけの簡単作り方

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかずケイジャンチキン

 

簡単ケイジャンチキンのレシピ!アウトドア料理にもおすすめ

アメリカ南部、ルイジアナ州にあるニューオーリンズは、フランス領時代のヨーロッパ風の街並みやジャズの聖地として有名な観光地ですが、ルイジアナに移住したフランス・アカディア植民地居住者によって定着した「ケイジャン(ケージャン)料理」が有名です。同じく「クレオール料理」がありますが、クレオールが都会的で洗練されたものに対し、ケイジャン料理は素朴で庶民的な料理。代表的なものとして、ガンボスープやジャンバラヤがあり、カイエンヌペパーなどの香辛料を使ったスパイシーな味付けが特徴の1つです。今回のレシピは、鶏手羽元を使ったケイジャン風のスパイシーなグリルチキン。香辛料などをもみこんでオーブンで焼くだけの簡単レシピです。

ケイジャンチキンの材料(2人分

ケイジャン風グリルチキンの材料
鶏手羽元 8本
ニンニク 小さじ1 (すりおろしたもの)
生姜 小さじ1 (すりおろしたもの)
タイム 2つまみ (乾燥)
オレガノ 2つまみ (乾燥)
カイエンヌペッパー 小さじ1/2
ブラックペッパー 小さじ1/3
パプリカ 小さじ1/2
小さじ1.5
レモン (搾り汁) 1/2個分
オリーブオイル 大さじ1
カイエンヌペッパーは、別名チリペッパーとも呼ばれます。全ての香辛料をそろえるのが難しかったり面倒な時には、「ケイジャンスパイス」というあらかじめ複数の香辛料が配合されている市販のシーズニングスパイスで代用できます。輸入食材店などで販売されています。

ケイジャンチキンの作り方・手順

ケイジャン風グリルチキンの作り方

1:手羽元にフォークで穴をあける

手羽元にフォークで穴をあける
手羽元は表面の水気をキッチンペーパーでおさえ、味がしみ込みやすいようにフォークで数か所穴をあけます。

2:スパイスをもみ込む

スパイスをもみ込む
手羽元以外の材料をすべて用意して混ぜ、手羽元に加えて全体をもみ込みます。そのまま冷蔵庫で3~4時間置いて、味をしみこませます。

3:オーブンで焼く

オーブンで焼く
冷蔵庫から手羽元を取り出し、30分ほど置いて常温に戻します。あらかじめ220度に温めておいたオーブンで約20分焼き、中心まで完全に火が通ったら出来上がりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

時間を短縮したいときは、味をしみ込ませる時に冷蔵庫に入れずに室温に1時間ほど置いてください。冷蔵庫から取り出して30分置くのは、肉全体の温度を均一にするため。そうすることで、表面は焼けているのに中心には全然火が通っていない、というような焼きムラを防ぎます。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。