掃除機
騒音も掃除機並みなら許容範囲だが…
【騒音】
他の電動工具にもいえることですが、家庭で使うにあたっては使用時の騒音も気になるところです。
機種によって、また粉砕する枝の太さによって発生する騒音は違ってきますが、大体の目安としてディスク方式で100デシベル程度、ギア方式で75デシベル程度となっていますので、ギア方式の方が騒音が抑えられます。
騒音レベルは日常生活で例えると、70~80デシベルで掃除機、電車の中、幹線道路沿いの騒音にあたり、90~100デジベルになるとパチンコ店内、電車が通過するときのガード下の騒音にあたります。
園芸用粉砕機は基本的に屋外での使用となりますから、この程度の騒音レベルは短時間なら許容範囲内といえるでしょう。
そうは言っても、無用の近隣トラブルは避けたいもの。
住宅密集地などでは、少しでも騒音が抑えられるギア式の方がお薦めといえるでしょう。

【値段】
市場価格はまさにピンからキリまでですが、やはり性能が価格に反映されているのでしょうか?
インターネットで購入できる機種も多いので、おおよその価格調査をしてみました。
中にはプロ用の数十万円するようなエンジン式粉砕機もありましたが、一般家庭用でみると大体1万円~高くて5、6万円といったものが主流でした。
回転刃で一枚刃というのが最安値とみましたが、他のチェックポイントと合わせて考えたいものです。
またオープン価格の場合、同じ機種であっても店舗によって値段が違うので、要チェックです。

グリーンミル
本体の大きさも要チェック!

【大きさ】
店舗で見た商品が、家に持って帰ってみると予想以上に大きく感じられるのは良くあることです。
本体寸法も機種によって異なりますが、家庭用のものでみると幅45センチ×奥行き60センチ、高さ90センチ前後のものが多いようです。
購入してから収納場所に困った…ということがないように、事前チェックをお忘れなく。
なお本体重量はディスク方式が13キロ前後、ギア方式が25キロ前後ありますが、本体にキャスターがついているので女性でも移動に問題はないでしょう。

以上のような購入前のチェックポイントを踏まえて、我が家ではこちらの園芸用粉砕機を購入することにしました。

* 購入した園芸用粉砕機データー *
商品名グリーンミルQuiet2
機種名 MLG-1510
メーカー キンボシ
電源・出力 100V・50/60Hz・1500W
定格時間 連続
安全機構 モーター焼損防止機構、復帰スイッチ付き
粉砕能力 直径25~35ミリ※樹種・状態によって異なります
ブレード 特殊鋼ギアー刃、ギアー式回転刃
本体寸法 長さ590X巾415X高さ910ミリ
本体重量 25キロ
付属品 ゴーグル、グローブ、集草バッグ、
10m延長コード
※製品情報は、2006年7月現在のものです

次ページでは、実際に使用してみた感想をお話します>>次ページへ