植物にとって必要不可欠な『水』。
ガーデナーにとって植物への水遣りは、最大関心事の一つです。
今回は、そんな『水遣り』に関して考えてみましょう。

~~ 水遣りの基本 ~~


1.水遣りの役割とは?

水遣り(潅水)には、次のような役割があります。
・植物に水を吸収させる
・水と共に、根が呼吸するのに必要な酸素を供給する
・葉に付着した埃などを落とす
・高温期には、葉や土の温度を下げる

2.水遣りはいつする?

時間帯でいえば、「水遣りは朝のうちに」が基本ですが、季節により時間帯や回数を変える必要があります。

【夏の水遣り】
暑い夏の盛り、特に鉢植えなどは、朝にたっぷり与えても夕方までにはすっかり鉢土が乾いてしまうことがあります。
そんな時は我慢させたりせず、夕方にも水遣りを。
また、熱くなった地温を下げる効果がある「打ち水」も、夕方に行いましょう。
暑い日中では、根が煮えてしまいます。

【冬の水遣り】
冬期の水遣りは、気温が上がり始める朝~午前中に済ませましょう。
夕方に与えると、日が翳ったとたんに水気を含んだ鉢土の温度が冷え、最悪の場合は植物が凍死してしまうこともあります。


3.どのように与える?

鉢植えの場合、「鉢土が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷりと」が基本です。
ただしここで注意したい点は、ゆっくり潅水することです。

ジョーロなどで頭から勢い良く水をかけると、水は鉢土の表面から鉢の内側表面を伝ってすぐに流れ落ちてしまい、肝心の鉢中心部には行き渡りません。
※左図参照

また、長い間水遣りを繰り返すことにより、鉢土表面が固くなり(クラスト)さらに水がしみこみにくくなります。
鉢植えは特にその点に注意して、細口の水差しなどで株元からゆっくり優しく潅水します。
また、折をみて月に2回くらい、葉の埃を洗い流すような潅水もしてあげましょう。


庭の場合は鉢植えのように毎日水やりする必要はありませんが、気がついたらしば らく雨が降っていないとか、土の表面にヒビが出た、土を掘ってみてもパサパサ… というのは明らかに水分が足りません。
しかしジョーロでさっと水をまいただけでは、濡れるのは土の表面だけで土中には行き渡らず、すぐに乾いてしまいます。散水ホースなどを上手に使って、鉢植え同様じっくりたっぷりと水やりしましょう。