「戻す位置を決める」のが、書類や郵便物の整理・収納のコツ

オープン棚は無印良品のパルプボードボックス。キャスター付きなので、テーブルまで引き寄せて使えます。
大まかに分けてひとまとめにする書類整理なら、面倒な気分になる前にサっとケースに入れるだけ。

ただし、戻す場所が定まっていないと、せっかくひとまとめにしたのに、部屋のあちこちでケースごと置かれたままになってしまいます。

取扱説明書やお知らせのプリント、領収書、通院セットなどは、家族にも分かりやすい場所を選ぶことが肝心です。

テーブルの近くに本棚や食器棚があれば、その一角を書類ケース用のスペースに割り当てます。すでに棚が満杯なら、A4サイズが入る小さな棚を買い足して、オープンキッチンのカウンター下や、食器棚の脇に置いてみてはどうでしょう。

棚にはA4のケースファイルを並べて、空いたスペースには未整理の郵便物や領収書などを入れるトレイを置きます。また、はさみやカッター、テープ、糊、ペンなどを入れたカゴもあると便利です。

また、詰め込みすぎはケースが増えたときに困りますので、必ず余裕のスペースを空けておきます。

このように場所が定まれば、そこが散らかり始めたときが片付けドキだと分かります。ここをキレイな状態に戻すことが片付け作業の目標です。

そして、最初にまとめた通りの手順にそって作業を進めれば、溜め込んでしまった書類をふるい分けるチャンスにもなります。この片付けドキを何回か繰り返しているうちに、いつもの生活に、書類や郵便物の片付け習慣が自然と根づくことになるでしょう。

「5分間『整理・収納』BOOK」(三笠書房)で、時間もお金もかけずにスッキリ・ライフを実践しましょう!

【関連リンク】
最強コスパ!10年使える100均収納アイテム
リバウンドしない片付け術!お部屋の整理収納のコツ
片付かない家「あるある」悩みを解決!簡単2ステップ
「ゆる片付け」は、何をどのくらいやれば大丈夫?
これでスッキリ!部屋の棚や引き出し収納のコツ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。