タイムレスに使える、コスパの良いおすすめ100均アイテム

100均収納で片付く収納

ホワイト収納アイテムが人気。白いからと言って片付かないこともある。1年でも長く使えるモノを選びたい

100円で安いからといって衝動買いをするのはNG。道具があれば片付くとは限りません。「使いこなせない収納アイテムが増えるばかりで片付かない」といったことが起こりがち。そこで注目したいのが、便利に使えるロングセラーな100円商品。使い方を知ってタイムレスに活用しましょう。

1:「コの字ラック」でデッドスペースをゼロに

100均のコの字ラック

コの字ラックに収納ケースを組み合わせて出し入れをスムーズに(左)。ショートブーツの隣にパンプスを2段収納できる(右)

どこに何をどうしまうか?は、住まいの広さや間取りによって異なります。どんな収納スペースがあるのか、どういった収納家具を使っているのかによって、収納アイテムを選ぶことになります。とはいっても、いつでもジャストフィットする収納アイテムに出会えるわけではありません。

そこで必要になるのが、調節の利く道具。たとえば、台に脚がついているコの字ラックは、棚にモノを置いたときに残ってしまった、中途半端な空間に投入したいアイテムです。備え付けの棚がついていない洗面台下やキッチンのキャビネットでは、コの字ラックを使うと空間を無駄なく使い切ることができます。

2:「書類ボックス」があれば家具いらず

書類ボックスを収納道具に

横向きに重ねてセットすれば棚板を増やさなくてもOK(上)。スリッパを入れてもいい(下)

100円ショップで収納グッズを探すときには、台所用品かプラスチック容器がズラッと陳列されているコーナーへ行くのが一般的。でも真っ先に立ち寄りたいのが、実は文具コーナーです。どのショップでも扱っている書類整理用のボックスを見つけましょう。これがあると、衣類をしまうときに衣装ケースのような使い方ができます。

ニットやカットソー、ジーンズなどをスティック状に巻いてケースにしまっておくと、選びやすくて出し入れが簡単です。玄関ではスリッパ入れになるので、専用のラックを買う必要がありません。

3:「レタートレイ」はA4サイズに限る

レタートレイで片付ける

今日はいた靴を家族のぶんだけ重ねておくといい(左)。書類と同じようにトレイ1段ごとに「新着」「すぐ着る」「要洗濯」など仕分けに使える(右)

文具コーナーに行ったら手に入れておきたいのが、重ねられるレタートレイ。郵便物やプリントなどを整理するときに使うのが本来の用途なのですが、紙モノの規格となっているA4サイズというのが多用途に展開できるポイント。

たとえば男性用のシューズやクリーニングしたカッターシャツを載せてみてください。ほぼA4サイズで収まるはず。そうと分かれば、玄関やクローゼットでメンズアイテムの整理整頓グッズとして使いましょう。

さらに、レディースやキッズアイテムにも応用して、小さなズックやサンダルは横向きに並べれば2~3足、フリルのついたレディースカットソーを軽くたたんで重ねたり並べたり。収納棚を買い足さなくても、使いやすく収納できます。

4:フタのある「持ち手付きプラケース」で収納量アップ

フタつきのプラケース

中身を種類別に分類するのがポイント。半透明なのでラベルを付けなくても収納の内容が分かる

手の届きにくい場所にある棚にモノをしまいたいときには、持ち手のついたケースがあると便利。プラスチック製のケースなら重たくないので、食品や洗剤などのストック用としてたくさんしまっても取り出しが簡単です。100円ショップに行くと、こういった商品がサイズ違いで数種類あるので選びやすくなっています。

なかでもフタのついたタイプは積み重ねることができるので、棚板がない場所でも収納量をたっぷりと確保できます。

5:「ドアフック」のチョイ掛けで片付けやすく

引っ掛け収納

部屋の雰囲気に合わせてフックのデザインを選ぶといい。透明アクリル、メタル、フレンチシックな飾り物風など

帰宅してから上着とバッグ、帽子を仮にかけておく場所がほしいときには、ドアフックを使うのがおすすめです。反対に、外出のときにはそこから必要なモノを手に取るだけなので、動線がスムーズ。

このドアフックは、部屋や収納ドアの上端に挟むだけと設置に工具が不要なので、賃貸住宅にも向いています。このフックがあるおかげで床置きをしなくなるため、部屋が散らかることがありません。

6:「メタルバスケット」でかなえるラク手入れ

メタルバスケット収納

バスケットの中身が乾いたら洗面所でスタンバイ。入浴の時に持ち込むようにすれば、浴室にあるモノが減って掃除がラクになる

「これも100円!?」という驚きの商品がメタルバスケット。そもそも雑貨店で数百円の対価を払って手に入れていたモノが、今では100円が当たり前のような状況になっています。安いからといって、サイズも素材も使い勝手もそん色なく良いモノです。

そんなメタルバスケットは水まわりでの定番アイテム。浴室ではシャンプー、ボディソープ、キッズの入浴用玩具などをまとめておきます。持ち手のついたバスケットを浴室のパイプに吊るしておけば、自然と水切りができて水垢とカビ知らず。汚れたらサッと水洗いすればいいので、長年使っていても汚れることがありません。

7:「ねんどケース」のオトナ買いで小物を整理

ねんどケース収納

引き出しの中を整理する時にも使える。ホワイト収納アイテムが好きな人には欠かせない

ロングセラーな定番品となった、ねんどケース。当初はフタの表面に子供向けのイラストシールが貼られていました。そのシールを剥がすことからはじめていたのは過去のこと。今やシールのないホワイトケースとして、オトナ買いをする人が増えています。

ケースの中身としては、メイク用品、ネイル用品、アロマグッズ、裁縫セット、アクセサリー、腕時計など。ジャンル別にしまっておくのにちょうどいい大きさのケースなのです。また、横向きにしたり積み重ねておいたりできるので、しまう場所に合わせて並べておくことができます。

* * * * *

家のあちこちで多用途に使えるから、あっという間に10年越え。100円なのに丈夫で使い勝手のいい商品は、タイムレスな片付けアイテムなのです。

【関連記事】
片付かない家「あるある」悩みを解決!簡単2ステップ
全部100均!キッチンで使える収納アイデアベスト5
ニトリ・無印良品・IKEA・100均の最強収納グッズ
100均でできる!簡単おしゃれな洋服収納術
100均収納グッズ「損か得か」を見極める3つのポイント


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。