パッと片付けて、必要なモノがサッと取り出せる収納テク

家の中でも散らかりやすい場所は、オープンキッチンのカウンター、テーブルまわりです。

ここには帰宅したら最初に立ち寄ることも多く、家族と過ごす時間も長いため、細々とした書類や新聞、郵便物などが日々増え続けていきます。

そこで、その散らかりやすい場所を短時間にパっと片付けて、必要なモノがサっと取り出せる簡単な方法をご紹介します。


片付ける手順

片付けたその時は整理整頓されていても、すぐに散らかってしまっては意味がありません。気負わなくても毎日続けられる方法で、着実に片付けていきましょう。
まず、散らかった状態を片付ける手順は以下のとおりです。

出しておくなら、角を揃えて並べるだけでも行儀のいい印象に。分けすぎないのがコツ。
1.棚に積み重なっているモノを調べる。
とにかく全てをテーブルの上に広げましょう。

2.大まかに分ける。
例えば、幼稚園や学校からのお知らせ、宅配のメニューと注文用紙、取扱説明書、領収書や明細書、本や雑誌や新聞、といった具合。そしてグループごとのかたまりにしてテーブルに並べます。

3.ここになくてもいいモノ、要らないモノをより分ける
DMやチラシなど不要なモノは、その場で処分。さらに、読み終わった本や雑誌は別の所へ移します。

4.残ったモノを入れ分ける。
先ほど仕分けをしたかたまりごとに入れ物に分けます。

このときに細かく入れ分けてしまうと、1週間、1ヶ月と時間が経つにつれて面倒になってしまいがちです。片付けているその時には充分にやる気があっても、長続きする方法でなければ再び元に戻ってしまいます。

そこで、次に必ず片づくざっくりな整理法をご紹介します。