作り置きでも飽きないように、アレンジを楽しもう

自炊の楽しさは、自分好みの味に作れることにもあります。お吸い物と言っても、具材や調味料、香味を加えるだけで、また違った味に。オリジナルの味を探す面白さを感じ始めたら、きっと料理が楽しくなるはずですよ。

けんちん汁
豆腐の入ったお吸い物はさらに健康的で温まる。
● 豆腐を加えて、けんちん汁に
前ページで紹介したお吸い物に豆腐がプラスされると、けんちん汁になります。より簡単・短時間に作れるように手順を省きましたが、野菜と豆腐を炒めてから煮込むと、より本格的に。

食材は決まったものだけでなく、いろいろ試してみると、また新たな味を発見することも。例えば、鶏肉を足すと一味違った旨みが出ますし、里芋の代わりにさつま芋やじゃがいもも美味しいです。冷蔵庫に残っているものを使えば、食材の無駄も減って節約にもなりますよ。

● ごま油、しょうがなどで風味を変える
作り置きができるといっても、毎回同じ味では飽きてしまう。そういうときには調味料や香味野菜で風味を加えるのもおすすめです。ごま油を一垂らししたり、おろししょうがを散らしてみたりすると、香りで食欲がぐんと増しますよ。

● もちろん、お味噌汁だって美味しい
和風スープといえば、お吸い物だけじゃなく、お味噌汁だってあります。しょう油・塩の代わりに味噌を使っても、もちろん、美味しいに決まってます。

うどん
茹でたうどんにお吸い物をかけて。柚子胡椒や七味唐辛子で風味付けをすると、味わいが深まります。
● 炭水化物をプラスすれば、しっかりご飯
一人ご飯なんだからちょっと手抜きをして、アツアツご飯にお吸い物をかけて、猫まんま風はいかが。ご飯と一緒にコトコト煮込んで、溶き卵を流し入れれば、お雑炊にも。茹でたうどんやそうめんにかければ、具沢山麺を楽しめます。

また、お吸い物アレンジ料理として、「自炊のススメ―スープで炊き込みご飯」「自炊のススメ―スープで茶碗蒸し」も紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。



旬の野菜を切って、だしと一緒に放り込んで、煮るだけ。15分もあれば、作れてしまう料理です。忙しくて疲れているかもしれませんが、野菜不足の食生活では、ますます身体を疲れさせてしまいます。ちょっと面倒でも、一度作り置きしておけば、あとがラクチン。

日本人なら誰もがほっと落ち着く、お吸い物のだしの味は、身体にも心にも優しく、明日からの元気を養ってくれるはずですよ。

今後の記事の更新情報については、ガイドメールマガジンでもお伝えします。ご購読を希望される方はこちらからご登録ください。

== 関連サイト ==
All About[一人暮らしの楽しみ方]自炊のススメ、スープを食べよう―基本編
食事は生活の基本です。簡単で美味しくて栄養もちゃんと摂れるスープで、自炊のきっかけ作りを応援します。
All About[一人暮らしの楽しみ方]自炊のススメ―スープでライスコロッケ
作り置きできて、栄養もたっぷり摂れるスープは一人暮らしに嬉しい料理。そのスープにアレンジを加えて、チーズがとろけるライスコロッケを作りましょう。
All About[一人暮らしの楽しみ方]自炊のススメ、スープを食べよう―中華編
魚介と野菜たっぷりの中華風スープで、自炊のサポートをします。調味料が豊富な中華料理なら、アレンジもいろいろ楽しめます。
All About[一人暮らしの楽しみ方]自炊のススメ―スープで中華おこげ
海鮮中華風スープを使った中華おこげの作り方をお届けします。ジュッという音まで美味しいおこげ。揚げ油を使わずに作るので、ヘルシーで簡単!
All About[料理のABC]フーフー食べたい!実だくさん けんちん汁
今回ご紹介したお吸い物の応用編。お豆腐を加えて、しっかり炒めてから作ると、けんちん汁になります。




『一人暮らしの楽しみ方』のガイド記事で取り上げてほしいテーマを募集しています! 疑問・質問、興味関心のあることなど、どしどしこちらにお寄せください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。