お吸い物
おだしの香りとしょう油の風味、旬の野菜をたっぷり入れた日本のスープ・お吸い物をご紹介します。
自炊をしない一人暮らしさんに簡単で健康的、しかも時間もお金も節約できる自炊生活をおすすめしているシリーズ「一人暮らしの自炊のススメ」。作り置きができて、アレンジも楽しめるスープは、忙しい一人暮らしに特におすすめの料理です。

基本編」「中華編」に続いてお届けする今回は、和風のスープ、いわゆるお吸い物をご紹介します。秋に美味しい野菜を使った、具沢山で味わいのあるお吸い物。今回も、簡単アレンジレシピを併せてご紹介します。

=INDEX=
■ 秋野菜たっぷりの具沢山お吸い物
■ 材料と作り方
■ 作り置きでも飽きないように、アレンジを楽しもう


秋野菜たっぷりの具沢山お吸い物

和食はだしが決め手。お吸い物は、かつおと昆布でしっかりと取った一番だし(参考ガイド記事『一番だし・二番だしの取り方』)なら抜群に美味しいですが、忙しかったり面倒なときは無理せず、市販のだしの素を使っても、もちろんOK。旬の野菜の旨みが出るので、それだけでもとっても美味しく仕上がります。

秋野菜たっぷりの具沢山お吸い物
旬の野菜は美味しい上に、栄養が豊富。今は美味しい野菜がたくさん店頭に並んでいる時期です。いろいろと試してみるもの◎。


材料(4食分)

里芋  3個
大根  5cm
にんじん  1/2本
ごぼう  1/2本
しいたけ  3枚
こんにゃく  1/2枚
長ねぎ 少々
だし汁  4カップ
酒  大さじ2
しょう油  大さじ2
みりん  小さじ2
塩  小さじ1

作り方

野菜を準備する
1. 里芋は皮をむき、輪切りにします。大根とにんじんはいちょう切りに、ごぼうは斜めに薄切りにし、しいたけは薄切りに、長ねぎは小口切りにします。こんにゃくは小さくちぎります。

野菜を煮る
2. 鍋にだし汁と野菜を加え、煮ます。あくが出てきたら、取ります。

味を整える
3. 野菜に火が通ったら、酒・しょう油・みりん・塩で味を整えます。器にもって、長ねぎを散らしたら、できあがり。お好みで七味唐辛子をふって。


次のページでは、このスープをアレンジして、違う味や風味を変える方法を紹介します。作り置きで、毎日自炊に一歩近くなる!>>次のページへ