基本のだしの取り方を紹介します。今回は昆布とかつお使った一番だし・二番だしの取り方です。

その他のだしの取り方は、ガイド記事「『だし汁1カップ』ってどこで売ってるの?」からご覧ください。

=INDEX=
■ 一番だしの取り方
■ 二番だしの取り方
■ だしを取ったあとのかつお節と昆布でふりかけを作る


一番だしの材料

材料
水 1リットル
昆布 10cm角
かつお節 20g
※ 昆布やかつお節の量は、素材や好みによって調節してください。

取り方

昆布を拭く
1. 昆布の表面をよく絞ったふきんなどで拭きます。

昆布を煮る
2. 鍋に分量の水と昆布を入れ、中火にかけます。

昆布を取り出す
3. 昆布が浮いてきたら鍋から取り出します。

かつお節を加える
4. 沸騰する直前にかつお節を一度に加え、10秒ほど煮て、火を止めます。

漉す
5. かつお節が沈んできたら、ざるにキッチンペーパーやきれいなふきんなどを敷き、漉します。このときかつお節は絞らないこと。


● どんな料理に使う?
かきたま汁
一番出しでかきたま汁。とろりとした卵とふわりと香るだしは上品な味です。
だしの味そのものがよくわかるお吸い物や、茶碗蒸し、お雑煮などがおすすめです。風味の良さがよくわかるはずです。


次のページでは、二番だしの取り方を紹介します。また、残っただしがらを使った簡単ふりかけの作り方も。>>次のページへ