中華風スープ
ガイド記事「自炊のススメ、スープを食べよう―基本編」ではコンソメスープでしたが、今回は旨みたっぷり、鶏がらだしの中華風スープをご紹介します。
自炊をしない一人暮らしさんに簡単で健康的、しかも時間もお金も節約できる自炊生活をおすすめしているシリーズ「一人暮らしの自炊のススメ」。作り置きができる上に、一度にたくさんの食材が摂れるスープを、特にピックアップしてお届けしてきました。

今回はその続編として、中華風スープをご紹介します。毎日食べて飽きてしまわないように、味や食べ方のアレンジも併せてお届けしますよ。

=INDEX=
■ 野菜たっぷり海鮮中華風スープ
■ 材料と作り方
■ スープは自在にアレンジ可能! もっと美味しく食べる
■ ボリューム満点の炭水化物をプラス。お腹いっぱいに食べる

野菜たっぷり海鮮中華風スープ

スープには一人暮らしで不足しがちな野菜をできるだけたっぷり入れたいところですが、野菜だけではもう一味足りないので、手軽な冷凍のシーフードミックスを活用。魚介の旨みで美味しさが増します。

シーフードミックスはサラダやマリネ、グラタン、ドリアなど、様々な料理に使えます。安いときに買い置きしておくと便利ですよ。

海鮮中華風スープ
忙しいときはお惣菜やコンビニ弁当になるのは仕方がありません。でも、こんな野菜たっぷりのスープをプラスすれば、栄養の偏りを補うことができます。


材料(4食分)

シーフードミックス 200g
にんじん 1/2本
ゆで竹の子 100g
きくらげ 大さじ1
白菜 3枚
青梗菜 1/2株
しょうが 1片
水 1000cc
鶏がらスープの素(顆粒) 大さじ1
しょう油 大さじ2
(あれば)オイスターソース 大さじ2(なければ、しょう油を大さじ3に)
塩こしょう 少々
ごま油 少々


作り方

野菜を準備する
1. きくらげを10分程度水につけて戻します。にんじんとたけのこは長さ4cm程度の拍子木切りにします。白菜と青梗菜は幅3cm、長さ4cm程度に切ります。しょうがはみじん切りにします

野菜と魚介を炒める
2. 鍋に油(分量外)を熱して、しょうがを炒め、香りが出たら、凍ったままのシーフードミックス、にんじん、白菜の固い部分、たけのこ、青梗菜と白菜の葉の部分の順番で入れ、軽く炒めます。

煮る
3. 水を加え、鶏がらスープの素を入れて、野菜に火が通るまで煮ます。

味を付ける
4. 煮立ったら、しょう油、オイスターソースを加え、塩こしょうで味を整えます。

できあがり
5. 最後にごま油を一垂らししたら、できあがり。

次のページでは、このスープをアレンジして、違う味や風味を楽しみます。これなら毎日食べても飽きないかも!>>次のページへ