TOPヘビコーンスネーク>ブラッドレッドラベンダー
コーンスネーク・ブラッドレッドラベンダー
画像提供:桔梗屋

ブラッドレッドラベンダー・コーンスネーク

学 名Elaphe guttata guttata※2002年から新しい学名としてPantherophis guttatus guttatus も使われている別 名:-英 名:Blood Red Lavender Corn Snake分 布:アメリカ合衆国東南部全 長:80~120cm 最大182cm

コーンスネークの複数の品種のコンビネーションです。

この品種は、ブラッドレッドラベンダーの交配によって生み出されました。

詳しくない人間から見ると、赤系のブラッドレッドと紫色のラベンダーの組み合わせというと、どんな狙いなのか、と考えがちですが、ブラッドレッドの特徴である頭や体側、腹部の模様の消失、つまりディフーズ形質に期待して、普通のラベンダーでは残る暗色部分を限りなく消し去り、薄紫色一色のヘビを作るという狙いです。写真の個体はかなりクオリティも高く、狙い通りにほとんどの斑紋が消えて薄紫色一色になっています。

幼体時は下の写真のように斑紋が残っているので、ちょっとピンと来ませんが、大きくなると納得です。

その他の情報はノーマルコーンの項を参照して下さい。

言葉で書くと簡単なのですが、ここまで来るのに、どれだけ苦労するのか、という感じです。そもそもクオリティの高いブラッドレッドというのが少なく、さらにブラッドレッド系は餌食いが細く、虚弱な個体が多いとされていますから。もちろん、高価ではありますがコーンスネークの品種の目指す一つの方向性とも言えるでしょう。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • ブラッドレッドとラベンダーのコンビネーション
  • 薄紫色一色のヘビを目指す方向
  • 成長すると暗色斑紋が消失する
  • 高価
ブラッドレッドラベンダーの幼体
幼体
画像をクリックすると拡大画像と詳細が表示されます

飼育の基本情報
飼育容器フタがしっかりとできるプラケース。高さの低いフラットプラケでも可。大きさはよく言われるようにヘビがとぐろを巻いたときの3倍程度以上の床面積があればよい。
温度特に保温の必要はないが、消化不良をふせぐためフィルムヒーターをケースの下に敷くと良い。繁殖を考えるのならば冬期に12℃程度で3ヶ月くらいクーリング。
照明特に必要なし
床材ウッドシェイブなど。新聞紙やクッキングペーパーでも良い。
容器内レイアウト体全体が浸かるような水容器とシェルターを設置する。
大きさに合わせたマウス。冷凍を解凍したものでよい。ブラッドレッド系は餌食いが細いので、やや小さめのマウスを与えた方がよい
基本的な世話いわゆるナミヘビの飼育方法
  • 脱皮前はそっとしておく
  • シェルターは脱皮の時のとっかかりになるようなザラザラした素材
  • など
※「飼育の基本情報」および「品種の解説」は「はじめてのコーンスネーク(マリン企画)」と海外サイトを参考にしました。


<関連記事>
コーンに始まりコーンに終わるfrom All About
両爬の色彩変異 白ヘビ様from All About

<おすすめINDEX>
ヘビのコミュニティサイトfrom All About
ヘビfrom All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているブラッドレッドラベンダーコーンスネークに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!