TOPヘビコーンスネーク>ブリザード
ブリザード・コーンスネーク!爬虫類・ヘビの基本的な知識と飼育方法

ブリザード・コーンスネークの基本情報

学 名Elaphe guttata guttata※2002年から新しい学名としてPantherophis guttatus guttatus も使われている別 名:-英 名:Blizzard Corn Snake分 布:アメリカ合衆国東南部全 長:80~120cm 最大182cm

コーンスネークの色彩変異を組み合わせた品種の一つです。

本品種は、黒色色素を持たないいわゆるレッドアルビノであるアメラニスティックと赤色色素欠損であるアネリスリスティックBとも呼ばれるチャコールとを交配させて得られる品種です。

アネリスリスティックBは通常のアネリスリスティックと異なり、喉元の黄色がほとんど出ないタイプですから、理屈上はほとんど純白に近い体色になります。白いコーンスネークと言えばスノーが一般的ですが、スノーの場合はアメラニと通常のアネリスリスティックとを交配させて得られますので、喉元に黄色が残るのが普通です。幼体時より斑紋が少なく、成長に従いさらに無斑に近い純白に近づくようです。

その他の情報はノーマルコーンの項を参照して下さい。


赤っ恥をかかない程度の知識
  • 理屈上は真っ白になる
  • アメラニとチャコールを交配して得られる
  • 斑紋も消失することが多いらしい
 

ブリザード・コーンスネークの飼育方法

飼育の基本情報
〈飼育容器〉    
フタがしっかりとできるプラケース。高さの低いフラットプラケでも可。大きさはよく言われるようにヘビがとぐろを巻いたときの3倍程度以上の床面積があればよい。

〈温度〉    
特に保温の必要はないが、消化不良をふせぐためフィルムヒーターをケースの下に敷くと良い。繁殖を考えるのならば冬期に12℃程度で3ヶ月くらいクーリング。

〈照明〉    
特に必要なし

〈床材〉    
ウッドシェイブなど。新聞紙やクッキングペーパーでも良い。

〈容器内レイアウト〉    
体全体が浸かるような水容器とシェルターを設置する。

〈餌〉    
大きさに合わせたマウス。冷凍を解凍したものでよい。

〈基本的な世話〉    
  • いわゆるナミヘビの飼育方法
  • 脱皮前はそっとしておく
  • シェルターは脱皮の時のとっかかりになるようなザラザラした素材
  • 幼体が小さいため、小さめのエサを用意する必要がある
など
※「飼育の基本情報」および「品種の解説」は「はじめてのコーンスネーク(マリン企画)」と海外サイトを参考にしました。


【関連記事】


■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。