TOPヘビその他のヘビ>エジプトコブラ
エジプトコブラ
ジャパンスネークセンターの展示個体

エジプトコブラ

学 名Naja haje別 名:アスプコブラ英 名:Egyptian Cobra, Aspis 分 布:サハラ砂漠の内陸部を除くアフリカ大陸中部から北部、アラビア半島全 長: 100-200cm最大:300cm

アフリカ大陸に広く分布する、大型のコブラです。

分布によって以下の4亜種に分けられることが多いようです。

  • Naja haje haje ・・・基亜種。アフリカ大陸北部
  • N. h. anchietae ・・・ナミビアなど
  • N. h. arabica ・・・サウジアラビア、イエメン、オマーン
  • N. h. legionis ・・・モロッコ南部
頭部は大きく、フードの部分も大型になります。体色はバラエティに富み、黄褐色から赤銅色、暗褐色までさまざまで、暗色の小さな斑紋が散在していることもあります。またフードの背面に暗色のバンドが入ることもあるようです。

分布域は乾燥した場所ですが、生息環境はさまざまで草原や農地、あるいは人家の近くなどにも生息しています。オアシスの集落でも見られることがあるそうです。集落のゴミ捨て場などで、集まってくるネズミなどを狙っていることもあるそうです。自然では主に夜行性です。

野生ではさまざまな生き物を食べていますが、特にカエルを多く食っているようです。またカメを含め、さまざまな爬虫類も食べているという記録もあります。もちろん、齧歯類も食べています。

卵生で、47-60×25-35mmの卵を8-33個産みます。卵は60-100日程度で20-42cmほどの幼体が孵化します。

台湾、タイ、インドと並んで有名なエジプトのコブラです。

大型で、LD50も1.15mg/kg程度で比較的毒も強いため、危険な毒ヘビです。そのため、エジプトでは信仰の対象となるほどなじみがあるヘビです。かのクレオパトラが自ら命を絶ったときに使われたとされる毒ヘビも本種であると考えるのが合理的であるようです。他にも、エジプトには数種のコブラが生息しているようではあるのですが。

非常に危険なヘビではあるのですが、海外では飼育している例も多いようで、おとなしいとかハンドリングとか命がけでバカなことをしているようですが。

たまたまコブラらしいフードを広げている写真が撮れたのですが、よく考えてみたらベトナムで撮影したタイコブラもなんもせんでフード広げていたので、コブラってもしかしてエリマキトカゲとかと違って、いつも私たちの要求に応えてくれるサービス精神旺盛な生き物なんでしょうか???で、またこの真っ正面から見た顔のかわいらしいこと...と不謹慎なことを言ってスミマセン。飼っちゃダメです。

動物愛護法による「特定(危険)動物」に指定されており、飼育に際しては都道府県知事の許可が必要ですが、まず許可はおりません。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • アフリカに広く分布するコブラ
  • 非常に大きい
  • 卵生
  • クレオパトラが自害するのに使ったとされる

飼育の基本情報
飼育は勧められないので飼育情報は掲載しません
※解説海外サイトを参考にしました。


<関連記事>
毒ヘビ51匹事件
ヘビのToxicology from All About 両爬サイト
特定危険動物リストfrom All About
特定危険動物from All About

<おすすめINDEX>
ヘビのコミュニティサイトfrom All About
ヘビfrom All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているクロクビドクフキコブラに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。