かぶの下ごしらえ・洗い方について

かぶの下ごしらえ・切り方

かぶの下ごしらえ

かぶは他の根菜と比べてアクがなく、果肉が柔らかいので、下ゆでの必要はありません。

茎を食べる場合は、葉のすきまに泥や土が入り込んでいるので、きれいに洗う必要があります。竹串などを使って、丁寧に泥を取り除いてあげましょう。

かぶの切り方

■かぶのくし形切り
かぶを4~6等分のくし形に。煮物に向いた切り方です。

1:かぶをよく洗い、茎元を切り落とし、皮を剥きます。
かぶの下ごしらえ/かぶのくし形切り

かぶのくし形切り1


2:茎のあった面を下にして、半分に切ります。
かぶの下ごしらえ/かぶの切り方

かぶのくし形切り2


3:
さらに縦半分(あるいは3等分)に切ります。
かぶの下ごしらえ・切り方

かぶのくし形切3


■かぶの半月切り
味がなじみやすいので、サラダ・マリネ・即席漬けにおすすめです。

1:かぶをよく洗い、茎元を切り落とし、皮を剥いたら、茎のあった面を下にして、半分に切ります。
かぶの下ごしらえ・切り方

かぶの半月切り1


2:切り口を下にして、好みの幅に薄く切っていきます。
かぶの下ごしらえ・切り方

かぶの半月切り2



■かぶの菊花切り

かぶを菊の花のように切る、華やかな切り方です。焼き物の付け合わせにしたり、酢漬けにしたりします。おせち料理でも見かける、和の技です。

1:かぶをよく洗い、茎元を切り落とし、皮を剥きます。茎元のあった面を下にし、上下に割り箸を置きます。割り箸に当たるところで、刃が止まるよう、端から細かい切り込みを入れます。
かぶの下ごしらえ・切り方

かぶの菊花切り1


2:かぶの向きを90度回転させ、同様に端から切り込みを入れていきます。
かぶの下ごしらえ・切り方

かぶの菊花切り2


3:海水より濃い塩水を用意し、2で切ったかぶがしんなりするまで漬けておきます。できあがったら、水気を絞り、形を整えて付け合わせや酢漬けにします。
かぶの下ごしらえ・切り方

かぶの菊花切り3


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。