爬虫類・両生類/両生類・爬虫類関連情報

ノコヘリカブトガメ

曲頸類が連続しました!でもめったに見ることができないオーストラリアの曲頸類なので勘弁してください!オーストラリアのカブトガメ・ノコヘリカブトガメです!

執筆者:星野 一三雄

TOP水生ガメ曲頸類>ノコヘリカブトガメ

ノコヘリカブトガメ

学 名Elseya latisternum別 名:-英 名:Serrated Snapping Turtle,Saw-shelled Turtle
分 布:オーストラリア北東部甲長:28cm

オーストラリア北東部に生息する、カブトガメElseya 属の一種です。カブトガメの仲間はオーストラリアを中心に生息していますが、名前の通り頭部を覆う一枚の大きな鱗があり兜をかぶっているように見えるためこの名前で呼ばれています。

背甲は比較的扁平で背中線がへこみ、成体でも後縁が鋸歯状の突起が発達しています。背甲は栗色からオリーブ色で各甲板に放射状に黒い斑紋が生じることがあります。四肢の色はオリーブ色がかっている場合が多いようです。このような体色には分布による変異も多少見られるようです。

河川や池、沼などに生息していますがあまり大きな河川などでは数は少ないようです。

食性は動物食ですが、特に昆虫類を好んでいるようで貝類などの軟体動物はほとんど食べていないことが知られています。また水草も食べているという報告もあります。

産卵期は9-12月で、数クラッチに分けて9-17個の卵を産みます。卵はやや細長く25.4-40.8×18.2-29.8mmの大きさだそうです。

オーストラリア固有のカメと言うことで、もちろんWC個体の流通はありません。しかしながら他の曲頸類とちょっと違った雰囲気を持っており、扁平で鋸歯状の背甲はなかなか魅力的で根強いファンがいて、憧れのカメとも言えるでしょう。私も3度のオーストラリアでのフィールディングで何個体も見ましたが、捕まえるとかなり積極的に噛みつこうとするなどアグレッシブさが印象的です。

ま、でもそれ以外はなんだか地味なカメなんですけど...

ノコヘリカブトガメ
赤っ恥をかかない程度の知識
  • オーストラリア北東部原産
  • WC個体の流通はない
  • ほとんど日本では流通しない
  • 高価
  • 頭部を覆う大きな鱗が名前の由来
  • 鋸歯状の突起は成体でも発達
  • 噛みつこうとするなど、かなりアグレッシブ
飼育の基本情報飼育容器60~90cmクラス以上の水槽や衣装ケースなど温度20~25℃程度に保温照明紫外線入りのバスキングランプが必要。ろ過できれば、外部式フィルターと上部フィルター床材(底砂)必要なし容器内レイアウト水深は甲長程度。陸場は流木を利用する。流木は水中にも組むこと餌配合飼料でよい基本的な世話多くの水棲傾向が強い水棲ガメに準ずる
  • 気が荒い個体が多いので、複数飼育は避ける
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ2(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。

<関連記事>
2004年オーストラリア旅行記・大物カメとの出会い

<おすすめINDEX>
オーストラリア旅行記
水生ガメのコミュニティサイトfrom All About
水生ガメfrom All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているノコヘリカブトガメに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のペット用品を見るAmazon で人気のペット用品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます