全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!!
餌動物飼育繁殖図鑑の第4回です。
今回は前々回のマウスに並ぶオーソドックスな餌動物の代表「ヨーロッパイエコオロギ」に関してです。

D.tinctorius regina
ヨーロッパイエコオロギのオス(中央)とメス(左右) 写真:みとコオロギ


体 長 20~25mm
生息地ヨーロッパ南部原産・現在は世界各地に帰化
用 途中小型トカゲ・ヤモリ・カエル・有尾類など虫食性種全般の主食
使用方法両爬にあった各サイズを生きたまま、必要ならば脚を折って動きを制限してケージ内に放したり、餌容器に入れる。あるいはピンセットでつまんで与える。
解 説フタホシコオロギに代わり、もっともポピュラーな餌昆虫として広く使われている。自然下では草原から人家周辺まで多様な環境に生息しているらしい。頑強で寿命も長く餌昆虫としてストックしておくことに向いている。ただし強烈な跳躍力の持ち主で、扱いが難しく、時として飼育者をキレさせる。

ヨーロッパイエコオロギの栄養成分表(可食部100g中)
食品名エネルギー(kcal)水分(g/100g)蛋白質(g)脂質(g)炭水化物
糖質(g)

コレステロ
ール(mg)

ビタミン(mg)無機質
A (IU)B1B2B3CD (IU)Eカルシウム(mg)その他(g)

ヨーロッパイエコオロギ

17962215.73.1----------11----221.52

餌としてのイエコの飼育

とにかく、草食性種と水生種およびヘビ以外の両爬の飼育には欠かすことができないのが、このコオロギであります。コオロギが餌動物として一般化するまでは、特に日本では餌用の昆虫は基本的に栄養のバランスに問題があるミールワームしか入手できませんでした。

コオロギの登場で、当時の両爬愛好家たちは餌の入手が容易になり、一気に両爬飼育の幅が広がったと言えるでしょう。特にカメレオンを飼育したがっていたファン達には、まさに福音だったのです。

餌用のコオロギとして、現在ではフタホシコオロギと本種の二種がメインに流通しているわけですが、その理由は何と言っても、この二種が「一年中、繁殖が可能」だったことです。
日本に生息しているコオロギ(エンマコオロギなど)は基本的に秋にしか繁殖できません。ですから、一年中、飼育のための餌として確保しておくことが困難なのです。本種やフタホシコオロギなどは一年中繁殖させることが可能なため、いつでもどんなサイズでも餌として用意されているわけです。

いくつかの点さえ注意すれば、比較的容易に飼育でき、繁殖もさせることができますから、自宅でも飼育繁殖をさせて、いつでも必要な量を確保したいところです。

イエコMLサイズ
このサイズが一番重宝します 写真:みとコオロギ

が、実はこのコオロギの飼育って、面倒くさい部分も多いのです。ですから、結局はショップや餌業者さんからコンスタントに購入する方が、ずっと楽であります。かくいう私も基本的には自家繁殖に頼らず、購入に頼っているのが現状です。
それでも上手に、計画的に飼育すれば、ほぼ完全に必要分を自家生産できますので、根性とマメさがある方は、今回の記事を参考に挑戦してみて下さい。特に初心者の方は、一度は挑戦し、それから自分は自家繁殖と購入とどちらを主にするべきかを考えてみるのもいいでしょう。そういう経験って、とても大切なような気がします。