爬虫類・両生類/両生類・爬虫類の飼い方

蛇の餌、最大の難関「マウス」について…頻度や代替などの基礎知識!

両爬飼育のキモである餌の管理と知識のお話。今回は、蛇を飼うために不可欠な餌「マウス」についてのお話です。マウス・魚介類・植物質・配合飼料そして給餌量と間隔に関して簡単に解説いたします。とにかく慣れること! ぜひ参考にしてみてくださいね。

執筆者:星野 一三雄

蛇の餌「マウス」について解説!

蛇の餌「マウス」

蛇の餌「マウス」

今回は、マウス・魚介類・植物質・配合飼料そして給餌量と間隔に関して簡単に解説です。
 
<目次>
 

ヘビ飼育の最大の難関「マウス」

「マウス」つまりハツカネズミは様々なサイズが「冷凍されて」両爬飼育の餌として売られています。これらを解凍して与えるわけですが、最初はなかなか「精神的」に抵抗があるものです。私もそうでした。ある意味、乗り超えなければならない関門でもあります。乗り越えてしまうと、単なる「肉のかたまり」に見えるようになるから不思議です。そうなれば、ハサミなどで切り刻んで与えることができるようにさえなります。

マウスはサイズにより
・ピンクマウス(SからLL)
・ファジー
・ホッパー
・アダルト
・ベテラン

などと名前がついて売られているのが普通です。ヘビならばヘビの頭よりも少しだけ大きいくらいのサイズを選んで与えればよいでしょう。

マウスはヘビなどにとってはほとんどすべての必要な栄養を含んでおり、これだけで一般のペットとして流通しているヘビは飼えると考えてかまいません。逆に言うと、マウスを与えなければヘビは飼えません。もちろん私の持論ですが、理想的にはヘビが野生で食っているものを与えたいのですが。
 

マウスの代替と応用

またマウスの代替として使われるものに「ヒヨコ」「ウズラ」「ヤモリ」「アノール」などの鳥類や爬虫類もヘビの餌として流通しています。

さらにマウスの応用編(?)としては、より大型の「ラット」もあります。それだけでなく、なんと「ピンクラビット」「ピンクポーク」まであるとか、ないとか...
マウスもストックをすると様々なサイズが得られて良いのですが「臭い」のと、ちょっとでも世話を怠ると「共食い」をします。マウスの共食いを目撃してしまった私は、あっという間に気持ちが萎えてしまい、マウスの自家養殖はあきらめてしまいました...
 

意外に使えない魚介類

魚介類は鮮魚売り場や熱帯魚店で入手しやすいので、便利ではありますが、栄養の面から考えると今ひとつ常用は奨められません。
魚類は基本的に淡水性の両爬には淡水魚を与えることになります。ところが淡水魚にはビタミンB1を破壊するサイアミナーゼという酵素が含まれている場合が多いのです。また熱帯魚店で購入できる餌用の「金魚」「メダカ」などを中心に養殖されている魚は薬品を使っている場合が多いのです。それら魚類用の薬品と両爬の因果関係ははっきりとわかっていませんが、知っておく事に損はありません。
ちなみに私の友人は餌用に「ドジョウ」を自宅で養殖をしています。これならば安心ではあります。

一方「エビ」などの甲殻類はカルシウムも豊富で大型のカメなどには使えます。野外で採集してきたものは寄生虫が怖いので、私は一回冷凍をしてから与えています。おやつ程度にはなります。
 

野菜や果物で飼育できるのは楽……?

写真:IGGY KIDs
リクガメやイグアナなどの植物食の生き物は「野菜」「果物」を餌として与えることになります。食品成分表に含まれている栄養が表示してありますので「栄養をきちんと考えながら与えられます」し、「入手も楽」ですから、無農薬のものを購入できれば言うことないのですが、そういう種類に限って、「その他の世話が大変だったり大型種だったり」するわけです。なかなかうまくいきません。また、ご家庭に日当たりの良い庭があれば家庭菜園を作ると安心です。

「野草」「無料」ですし、場所さえ気をつければ農薬などの心配もありませんが、「有毒」のものを見分けることができるように勉強をする必要があります。リクガメなどにはかなり喜ばれるようです。
 

配合飼料が一番楽⁉

その生き物が生きていくのに必要な栄養素がわかっていて、嗜好性に合って好んで食べてくれれば配合飼料が一番楽です。入手も容易ですし、保存もききますので。そういう意味ではカメ用の配合飼料は、かなり一般的になっています。ただし、種によっては与えすぎることによってタンパク質過多になったりもするようなので、難しいです。

その他、リクガメ・イグアナ・各種トカゲ・ヘビなど用にいろいろ開発されて流通していますので、食うか食わないかは「賭け」として、いろいろ試してみるといいでしょう。
食わせるために、「水でふやかしたり」「他の生き餌と混ぜたり」と様々な工夫をしてみましょう。
 

給餌量と間隔

私たちが「両爬が飼育の対象でよかった」と時々思うのが、これです。
給餌量は、もちろん個体の大きさによって異なるわけですが、給餌の間隔が長くて良い種類も多いからです。

特に、ヘビや夜行性の種類などは代謝が低いようで毎日、餌を与えても食べないものが多いです。逆に植物食の種類や昼行性で餌を探してうろちょろするような種類はそれだけエネルギーの消費がありますので、給餌頻度は多くなります。

給餌量や給餌間隔は実際のところ飼育個体との相談と観察によります。一つの目安は「やせさせない」「太りすぎにさせない」です。このさじ加減こそ、普段の観察があってこそです。
ただし成長期の幼体や妊娠中のメス個体には多めに給餌する必要があります。

以上、大変長くなりましたが、両爬飼育のエサに関するお話でした。私たち人間だって、食事の時間は楽しみなものです。あくまでも飼育されている生き物の視点に立って彼らに「食事」を楽しんでもらいましょう。

【関連記事】
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のペット用品を見るAmazon で人気のペット用品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます