全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!

今は昔、私だって両爬飼育に関心を持ち始めた頃は
「何?ヘビって飼う時にネズミあげなくちゃいけないの!?キモっ!!」
って思ったもんです。
みなさんも経験があるのではないでしょうか?一般の方とヘビの話をする時に
「ヘビって餌は何をあげるの?」
なんて聞かれたことが。

でも、結局マウスを解凍したり、切ったり、そんなことにも慣れてしまうと
「あー、ヘビってマウス食わせとけばいいから楽だなー」
なんて思いますよね。

ところが、やっぱり
「ヘビは飼いたいけれど、どうしてもマウスに抵抗がある」
という方だって多いはず。

そこで今回は、久しぶりに「はじめての○○飼育」シリーズとして
「マウスが苦手な、そんなあなたにピッタリ!コオロギで飼育できるヘビがいるんですよ!!」
ということで「昆虫食性のヘビの魅力」を語ってみます!

ヘビの偏食

さて、ご存じのようにヘビというのは他の動物と違って、「専食」あるいは「偏食」が強い動物と言えます。つまり、特定の餌を食うことで生命を維持して生活をできるわけです。

もちろん、すべてのヘビがそうであるわけでなく、ある程度の許容範囲があり、飼育の対象となるヘビたちはマウスで事足りる場合も多いことは言うまでもありません。

しかし、いわゆる「変態ヘビ」と呼ばれて一部のファンに人気がある、本当の意味での偏食ヘビも世界中には多く存在します。
日本で言うならミミズしか食わないアオヘビタカチホヘビ、マイマイしか食わないセダカヘビ、トカゲしか食わないシロマダラなどがその例でしょう。

世界に目を向ければ、カニ、サソリ、アンヒューマ、ムカデ...例を挙げればキリがありません。
で、残念ながらこれらの偏食の多くは代謝も高く、その特殊な餌を常時準備しておかなくてはいけないことがネックになり、飼育には不向きであると言わざるを得ません。

しかし、そんな偏食も、時として我々飼育者の味方になってくれるような場合があります。
それが「昆虫専食」のヘビです。

昆虫食性のヘビ

さて、昆虫食性のヘビと言えば北米のラフグリーンスネークが昔からよく知られています。
小型ですが緑色が美しく、樹上性という生活様式も飼育欲をそそられるヘビです。
緑がキレイ...
ラフグリーンスネーク 写真:EndlesZone

また、最近では中東の小型のヘビの中にも昆虫食性のヘビが見られるようになってきました。例えば、トオスジヒメレーサーは体色も明るく、樹上性のラフグリーンスネークに対して地表性という個性も魅力的です。

地表性というか、地中性に近い種類では北米の小型種たちにも昆虫食性のヘビが多いようで、地味な種類から派手な種類までいてコレクションの楽しみもありそうな感じです。

餌はコオロギ

さて、これらの昆虫食性のヘビたちは、何と言っても「コオロギ」を食ってくれることが最大の魅力です。

どうです?マウスが苦手でもコオロギだったら大丈夫でしょ?
え?コオロギはゴキブリみたいだからもっとキライ、って?
そういう人も多いですね。スミマセン。

ま、とにかくコオロギだったら、マウス以上に入手しやすく扱いやすいし、何よりも一般の方からも理解されやすいわけで、それでヘビを飼えれば楽だなー、って感じる人も多いのも事実でしょう。