豆腐でヘルシー! お手軽親子丼

所要時間:15分

カテゴリー:親子丼

 

ヘルシーで手軽な親子丼

今回は、いつもの親子丼のバリエーションとして、ヘルシー&お手軽な、変わり親子丼を提案します。鶏そぼろを作る要領で、水+調味料から鶏挽肉を煮込めば、出汁は不要。また、挽肉使用で、肉がかたくなる心配も不要。

動物性タンパク質の玉子と植物性タンパク質の豆腐でバランスよく、女性や健康を気遣う方におすすめの、ヘルシーレシピとなります。もちろんお手軽レシピなので、豆腐の水切りはせず、その水分も利用して作ります。

豆腐でお手軽親子丼の材料(2~3人分

親子丼の材料
鶏ひき肉 100g
たまねぎ 1/4個
豆腐 (絹)120〜150g ※絹、木綿はお好みで
2個
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ1
はちみつ 大さじ1
大さじ6 ※調味料と同量分
片栗粉 適量
ご飯 適量
三つ葉 少々 ※細ねぎや絹さやなどでも
【めんつゆ代用法】より簡単に、市販のめんつゆ(三倍希釈タイプ)を使って、作ることもできます。その場合、調味料(醤油、みりん、酒、はちみつ)を、めんつゆ大さじ5~6に置き換えてください。ご使用のめんつゆによっては、お好みで甘みを加えても。また、調味料と水は同量(1:1)です。

豆腐でお手軽親子丼の作り方・手順

親子丼の作り方

1:

玉ねぎを3ミリ幅にスライスします。 玉子を溶いておきます。 水溶き片栗粉を用意します。

2:

火にかける前に、フライパンもしくは鍋に、調味料(醤油、みりん、酒、はちみつ)、水を入れます。 鶏挽肉、玉ねぎを加え、全体を混ぜます。 中火で、約4分煮ます。 ※灰汁や脂が浮いたら、すくってください。

3:

豆腐を加え、適当なサイズに崩しながら、全体を混ぜます。 中火で、約2分煮ます。水溶き片栗粉を加え、ゆるめのとろみを付けます。 水溶き片栗粉の量は様子を見ながら。 ※豆腐は水切り不要です。水分も利用します。そのまま切らずに加えて、OKです。

4:

玉子を加えて、全体をひと混ぜしたら、火を止めます。 ※余熱で玉子が固まっていきます。

5:

丼にごはんを盛り、具をのせます。お好みで、三つ葉や細ねぎなどを散らせば、風味良くいただけます。写真では、彩りに刻んだしば漬けもそえています。 時間を置かずに、出来立てを召し上がってくださいね。

ガイドのワンポイントアドバイス

1~2人分用に作る場合は、全ての分量を半分にして作ってください。各工程に記載の時間はあくまで目安です。焦げ付かないよう、火加減に注意してください。このレシピは、はじめ、濃いめの味付け(調味料)で鶏挽肉を煮込み、豆腐とその水分で味を調整していきます。また豆腐の水分を保ち、玉子がふっくらな仕上がりになるよう、片栗粉を加えています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。