アルゼンチンの主なイベント・年中行事

ブエノスアイレスでマラソン大会に出場なんて、ちょっとした自慢になりそうだ。

ブエノスアイレスでマラソン大会に出場なんて、ちょっとした自慢になりそうだ。

アルゼンチンは、他のラテン諸国に比べると大規模なお祭りはあまりありません。でも、タンゴやフォルクローレ、そしてガウチョや先住民文化に関わるイベントは数限りなくあります。ここでは主なものをピックアップしておきましょう。

■フェスティバル・ナシオナル・デル・フォルクローレ
期間:1月20日~31日 場所:コスキン
アルゼンチン最大のフォルクローレ・イベント。伝統的な民謡から、現代的なセンスのシンガー・ソングライターまで、様々なフォルクローレを聴くことができます。

■カルナバル
期間:1月下旬~2月16日 場所:全国
カーニバルといえば、隣国ブラジルのイメージが強いですが、アルゼンチンでもこの期間は全国的にお祭りが行われます。特に有名なのは、ブエノスアイレスのすぐ北にあるグアレグアイチュと、ブラジル国境近くに位置する北部の都市コリエンテス。リオのカーニバル同様に、大規模なパレードが行われます。

■フィエスタ・ナシオナル・デ・ラ・ベンディミア(ワイン収穫祭)
期間:2月28日~3月8日 場所:メンドーサ
アンデス山脈の麓に位置するワインの名産地メンドーサでは、この時期に収穫祭が行われます。パレードが行われたり、民族舞踊やフォルクローレのイベントも盛りだくさん。

■BAFICI(ブエノスアイレス・インディペンデント映画祭)
期間:4月7日~18日 場所:ブエノスアイレス
アルゼンチンで最も大きな映画祭。市内のシネコンや映画館で世界中の映画が上映されます。世界中から監督や俳優が来場し、トークショーやワークショップも充実。

■ディア・デ・ビルヘン・デ・ルハン
期間:5月8日 場所:ルハン
ブエノスアイレスからルハンの大聖堂まで、65kmの道のりを1000人以上もの人たちが歩くという巡礼イベント。10月、12月にも同じように行われます。

■ラ・フィエスタ・デ・ラ・パチャ・ママ
期間:8月上旬 場所:サルタ、フフイ、他
“パチャ・ママ(母なる大地)”に感謝する祭り。観光客というよりは地元民の大切な行事です。アンデス地方の先住民文化に触れることができます。

■ムンディアル・デ・タンゴ
期間:8月 場所:ブエノスアイレス
世界最大のタンゴの祭典。アルゼンチンきっての演奏家たちが見事な演奏を繰り広げ、世界中からダンサーが集まり世界一を決定します。2009年は日本人ペアがステージダンス部門で優勝するという快挙を成し遂げました。

■フィエスタ・ナシオナル・デ・ラ・セルベサ(オクトーバーフェスト)
期間:10月第1週 場所:ビジャ・ヘネラル・ベルグラーノ
1972年から続くビール・フェスティバル。様々なビールが楽しめるほか、ヨーロッパや南米の食事が食べられ、民芸品の販売や“ビールの女王”コンテストなども行われます。

■BAマラトン
期間:10月上旬 場所:ブエノスアイレス
ブエノスアイレス市内の大通りを中心に大規模に行われる市民マラソン。42kmのフルマラソンの他、4kmのミニマラソンも行われます。外国人でも参加可能。

■ディア・デ・ラ・トラディシオン
期間:11月10日 場所:サン・アントニオ・デ・アレコ
アルゼンチンの伝統的な文化であるガウチョ(カウボーイ)の世界を堪能できる祭り。民族舞踊や工芸品の展示、乗馬ショーなどが行われます。

■クリスマスとカウントダウン
期間:12月25日~31日 場所:全国
クリスマスとカウントダウンは、他の国同様特別な行事。いたるところにもみの木やイルミネーションで装飾され、コンサートやパレードでにぎやかに新年を迎えます。

※2010年の日程

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。