実は勘違い!? ダイエットに効くもの・効かないもの

画像の代替テキスト
エリカのオススメは、ナッツとドライフルーツそしてベリー。太らないために、腹持ちを良くする良質の脂肪分の摂取と、緩やかに血糖値を上げるためにマル!
「○○がダイエットに効く!」と聞けばそれに飛びつきたくなり、「○○は高カロリー」と聞けば、極端に避けてしまう。そんなダイエッターの気持ちもわかります。でも実は、あなたも思い込んでいることがあるかも!?

■油抜きをしている人、今すぐやめて!
■炭水化物抜きではゴージャスな美女になれません。
■低脂肪・無脂肪ならやせるというのは大きな誤解。
■新しい食習慣は、まず1ヵ月続けるの。
■「ばっかり食べ」は効果半減。

(以上太字は小タイトルより)

油を抜くと何がいけないか。エリカによると、美肌効果に欠かせないからということ。確かに、良質の油を適量摂ることは、美容に確実なプラス効果をもたらします。潤いとともに、ビタミンなどの栄養素を吸収しやすくしたり、便秘防止になる効果も。そして、炭水化物抜きでは、かえって食べすぎを招くというのは、私の記事でもご紹介した通りです。

何事も継続が大事。すぐに効果が出にくいものほど、確実な効果を実感できたりします。カラダに良いものを知って、適量を食べ、たまには息抜き。そんなヒントがこの他にも、全部で68。その一つ一つにアドバイスが添えられています。

もちろん読者の私達は、ミス・ユニバースを目指しているわけではないのですが、ここに紹介されている「美しさの作り方」はチャレンジできることが多いんです。単に「がりがりに細い」のではなく、女性らしく健康的で美しいスレンダーなカラダを手に入れるには、まずは食べるものの見直しから。そんなダイエッターには、この一冊はオススメです!

【関連リンク】
「ご飯抜きダイエット」は逆効果!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。