世界で最も予約が取れないレストランといっても過言ではない、スペインのエル・ブリ(エル・ブジ)。それを率いるシェフ、フェラン・アドリア氏の華麗なるテクニックが先日東京で開催された世界料理サミットで披露されました。

予約できる確率は1/50以下! 世界を魅了するエル・ブリ

味噌とアスパラのカナッペ
世界料理サミットで披露された一品、味噌とアスパラのカナッペ。あれ、パンもクラッカーもない? よーく見ると下には何かが。詳細は次のページで

フェラン・アドリア氏の料理
VTRで披露されたこれまでの料理の数々はどれも芸術品のような美しさ
世界中のグルメな人たちが一度は行ってみたいと熱望するレストラン、エル・ブリ(elBulli)。エル・ブジという表記もよく見かけますが、それはスペイン語読み。エル・ブリはバルセロナ地方の呼び方でどちらも正しいのですが、ここでは本人の言い方に合わせてエル・ブリと呼ぶことにします。

エル・ブリはバルセロナから160km、車で約2時間のロセスという街にあります。決して交通の便がよいわけではないのに、世界中から予約が殺到。予約できるかどうかは、まさに運次第です。というのも全45席しかないうえに、営業は一年の半分のみ。つまり年間8,000席程度のキャパシティーに対して、予約申込者数はなんと約50万件! ちなみに残りの半分は翌年のメニューの研究などに充てられています。

昨年までは5~11月の営業でしたが、今年はジビエをやりたいという希望から6月~12/20までと1ヶ月ずれるのでご注意を。といっても2009年の予約はすでに満席。ただ10日前に予約の再確認をするので、そのキャンセルを狙って直前にコンタクトを取ってみるのも手かも。2010年の予約については12月に発表予定。とにかく先手必勝です。

そうはいっても予約が取れるまで待ちきれない! とにかくエル・ブリの味を試したいという人は、セビーリャの郊外にあるエル・ブリのホテル(HACIENDA BENAZUZA)へ。このホテルのレストランでは過去にエル・ブリで出された人気メニューを味わうことができます。また、もっと気軽に楽しんでみたい人はアドリア氏が手がけたファーストフードチェーン(Fast Good)へどうぞ。マドリッドやバルセロナなど、各地に展開しており、値段も10ユーロ前後~とお手頃です。