日本ではお目にかかれない! 謎の料理

上海チャーハン
上海チャーハン。どのあたりが上海風なのかは謎……

これはいったい?!と理解に苦しんだのが、インドのラダックにあるレストランで食べた上海チャーハン。チャーハンを隠すくらいの勢いで上にのっているのは、インスタント麺を細かくしたもの。唐辛子などで辛めに味付けされています。この下にあるチャーハンは若干濃い目の味付けでしたが、基本的に普通のチャーハン。気になるのは、ほかに香港チャーハンや日本チャーハンがあったこと。いったいどんなふうにアレンジされてるんでしょう? また行く機会があれば確かめてきます。

スパゲッティ
ミートソーススパゲッティ。なぜか麺が太い
アルゼンチンで何度も食べて、そのたびに不思議な感覚に襲われたのがスパゲッティ。麺がとにかく変わっていて、アジア料理で使われそうな太目の麺なのです。基本的にどのレストランの麺もそうでした。さらに驚いたのは、とある日本食レストランで頼んだラーメンとうどんにも、スパゲッティと全く同じ麺が使われていたこと! 果たしてこれをスパゲッティと呼んでいいものかどうか……?! でも一度だけブエノスアイレスのカフェで、本格的なスパゲッティが出てきたことがあって、そのときは妙に感動しました。


とっておきの美食に出会えるのはもちろん嬉しいのですが、思いがけない料理に出会うのも旅の醍醐味。現地の食文化も見えて興味深いものです。みなさんも「これは!」という料理を見つけたら、ぜひ教えてくださいね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。