ゲテモノ? 美食? 珍しい食材を使った料理

カー・タイ・トゥオン
カー・タイ・トゥオン(象耳魚)。ベトナムのメコンデルタの町、ミトーの名物

日本ではなかなか食べない食材は、一瞬食べるのを躊躇するのですが、実はおいしかったりします。まずはベトナムのカー・タイ・トゥオン。象耳魚(Elephant Ear Fish)の意味をもつこの魚、確かに象の耳に似ている?! 丸ごとから揚げにして、野菜などと一緒にライスペーパーに包んでいただきます。見た目はちょっとグロテスク。でも味は意外とイケます。川魚なので若干クセはありますが、揚げてあるのでそれほど気になりません。

ザリガニ料理
基本的にレストランでは時価。1匹8ユーロ(約1,300円)ほど
続いてはフィンランドのザリガニ料理。以前メルマガでも紹介しましたが、フィンランドを始めとする北欧諸国の夏の風物詩です。ザリガニと聞くと、日本では田舎の川にいそうなザリガニをイメージしてしまいますが、現地ではちょっとした高級食材。真っ赤に茹で上がったザリガニは見た目にもおいしそう。実際の味もカニに似た風味でおいしいんですよ。

スルビ
焼きナマズ。まるで肉のようなジューシーさ!
そして最後は南米のアルゼンチンなどイグアス流域で食べられているナマズ。現地ではスルビと呼ばれています。丸ごと出てくるわけではないので、ご安心を。見た目にもお肉のようですが、味も鶏肉でも食べているようなジューシーさ。川魚にありがちなクセもまったくなく、本当に美味。珍しい食材のなかではイチオシです。

次のページでは、日本ではまずお目にかかれない謎の料理を紹介します。