ビビンバ、チゲ、チヂミ……おいしいものに溢れた韓国ですが、なんといっても一番人気は焼肉でしょう! ところで、肉といって思い浮かべるものは、牛肉? それとも豚、鶏?! 韓国の焼肉は日本とは少し事情が違います。

焼肉屋さんでも食べるのが早い!

焼肉とソジュ(焼酎)はよく合う。韓国の人たちもよく飲んでいる
韓国では食べることも、旅のメインイベントのひとつ。地元の人で賑わうお店で、一日のできごとを語りながらゆっくり焼肉に舌鼓……。いいですよね~。でも、それって実は韓国ではあまり目にする光景ではないんです。

韓国の人はとにかく食べるのが早い! 食事のときは食事に集中して、食べ終わったらサッと出ていってしまいます。もちろん、お酒も飲んでいるし、おしゃべりもしている。一体いつのまに?!と不思議に思うほどです。

日本では焼肉屋さんを居酒屋代わりに利用するのもよくあること。お酒を飲みながら何時間もいてもおかしくありません。でも韓国では、ほとんどの人が1時間以内には出て行ってしまいます(もちろん、そうでない人もいますが)。

では韓国の人はゆっくりお酒を飲んだりしないのかというと、答えはノー。むしろ韓国の人たちのお酒好きは日本人以上かも。食事と飲みの場は別に考えているようで、飲むときは居酒屋へ行くのです。韓国では民俗酒場と呼ばれ、素朴な料理と一緒に、マッコリやソジュ(焼酎)などのお酒を楽しめます。

韓国では焼肉といえば牛より豚!

サムギョプサル以外にも、さらに層が多いオギョプサル(五枚肉)もある
意外かもしれませんが、韓国で焼肉といえば、牛より豚。おいしいうえに安いとあって、韓国では豚が一番人気です。

特に人気があるのは、サムギョプサル(豚バラ肉)。三枚肉という意味で、赤みと脂身が層になっています。ワインやハーブに漬けたサムギョプサルもあります。学生街である新村(シンチョン)には、サムギョプサル通りと呼ばれる通りがあり、サムギョプサルを出す店が集まっています。

豚より牛が食べたいという人もいるかもしれませんが、もちろん牛肉の焼肉も一般的なのでご安心を。牛カルビ(ソカルビ)は定番ですね。豚のカルビはデジカルビ、鶏のカルビはダッカルビといいます。

次のページでは、地元の人しかいない最高の豚カルビ(&サムギョプサル)のお店をご紹介します。