だんだん暑くなってきました。そんな今だからこそ食べたいもの、それはチゲ。チゲとは韓国語で「鍋」のこと。韓国では冬だけでなく、一年中食べられています。むしろ、暑いときにこそ、「辛いチゲを食べて元気を出そう!」と好んで食べる人も多いほどです。

実はチゲだけじゃない! チョンゴル、タンも韓国鍋

テンジャンチゲのセット。ちょっとしたフードコートでもちゃんとごはんやキムチがついてくる
一年中チゲを食べる韓国では、その種類も豊富。定番のキムチチゲ、味噌汁のようなテンジャンチゲ、旬に食べたい魚介類のチゲ……などなど。魚介類や肉、野菜などをたっぷり使っているものが多いので、栄養満点。しかも、コチュジャンや唐辛子を使って辛く仕上げてあるので、夏バテ防止にももってこいです。

ちなみに、韓国の「鍋」にはチゲのほかにチョンゴルもあります。チゲは一人用の小ぶりの鍋で煮込んだもので、チョンゴルは大きな鍋を火にかけて調理しながら大勢でつつくもの。ただし、チゲと名前がついていても、数人用の大鍋メニューの場合もあるので、お店で確かめるのが確実です。

そしてもうひとつの鍋がタン。タンは漢字で「湯」と書き、本来はスープのこと。肉や骨をじっくり煮込んだスープは、サムゲタン(鶏のスープ)のようなシンプルなスープもあれば、たくさんの具と一緒に辛く煮込んで鍋で食べるものもあります。カムジャタン(じゃがいも鍋)やポッメウンタン(フグ鍋)などが有名です。そんな数ある韓国の鍋のなかから、今回はガイドが好きな2つのチゲをご紹介します。

日本人にも大人気、スンドゥブチゲ(豆腐鍋)

トルケマウルメットルスンドゥブのスンドゥブチゲ。運ばれてきたときはグツグツ煮たっている
まずは、豆腐好きな日本人に大人気なスンドゥブチゲ。スンドゥブとは「純豆腐」という韓国の豆腐のこと。日本の「おぼろ豆腐」のようなやわらかい豆腐です。それにアサリなどの魚介類や豚肉などを加えて、唐辛子で味付けした辛いスープでいただきます。卵を落とすとマイルドな味になります。ごはんやキムチとセットになった定食は、ランチメニューの定番。あっさりした豆腐は重くないので、ランチにぴったりです。

地元の人にならってランチにスンドゥブチゲを食べるなら、トルケマウルメットルスンドゥブへ。チェーン店なのでソウル各地に店舗がありますが、オススメは仁寺洞(インサドン)店。観光がてら来るのにもいいし、メイン通り沿いにあるので迷う心配もありません。

セットは、6,000ウォン(約600円)というお手頃な値段なのに、ボリューム満点。メインのスンドゥブチゲに加え、豆ごはん、キムチ数種、サラダ、焼き魚がついてきます。店内はすっきりと明るく、カジュアルな雰囲気でゆっくりできます。ガラス張りの窓から通りを歩く人を見るのも楽しいですよ。

おみやげ物屋さん通りとも言われる仁寺洞。露店や屋台も多くて歩くのが楽しい

※2008年11月、仁寺洞のお店は店舗は閉店しましたが、他店舗あり
<DATA>
■トルケマウルメットルスンドゥブ 次のページでは、絶対にクセになるオススメのチゲをご紹介します。