社交的外国人に学ぶコミュニケーションん術
言葉だけでなく、コミュニケーション術も学ぶともっと英語が通じるようになる!
英語を学んでいると、外国人のコミュニケーション能力の高さを実感することがしばしばあります。他人との距離の保ち方が上手い。態度や会話がスマートで洗練されている。初対面でも何かしら会話を続ける術を知っている。なによりも誉め上手! そんな外国人の付き合い力の高さは日本人にとって学ぶべきところがたくさんあります。

彼ら流の付き合い方を知っていれば英語が通じやすくなり、コミュニケーションギャップに悩むこともありません。意外にも日本人同士の付き合い力をアップさせるヒントもあるんですよ。社交的外国人に学ぶワンランク上の人付き合い術をご紹介します。

【INDEX】
いつも笑顔のワケは?……P1
誉め上手になるコツ……P2
あいづち上手で付き合い上手……P3
上級テク! ボディタッチとレディファースト……P4
ぜひ取り入れたい外国式社交術……P5

いつも笑顔のワケは?

笑顔
英語ができても笑顔なしでは気持ちは伝わりません。笑顔も練習しましょう!
今回の記事はアメリカ2年間、韓国2年間の海外経験を持つ友人のN子さんに協力してもらいました。

まず「外国人は笑顔がいいよね!」ということで意見が一致。アメリカ人にしろヨーロッパ人にしろ、見ず知らずの相手に対しても必ず笑顔を見せるのが印象的です。

海外のホテルなどでエレベーターを乗り合わせると、ニコッと笑って「Hi!」と挨拶してくれます。レストランやショップでもまずは笑顔から始まります。相手に笑顔を見せることは「敵ではありません」という意思表示。日本人もぜひマスターしたいですね。

コツは目があったら口角を上げてニコッと微笑み、すぐに「Hi.」と軽く言います。時間にして3秒ほど。その間はアイコンタクトを外しません。形式的な習慣なので、それ以上の会話を求められることはめったにありません。安心して海外旅行に行った時にやってみてください。

>>誉め上手になるコツ。人を誉める練習をしてみよう>>