あいづち上手で付き合い上手

あいづち
会話の中にあいづちを上手に取り入れることによって、相手とのコミュニケーションが円滑に
あいづちのパターンが豊富なのも、アメリカ式コミュニケーションの特徴です。

日本人同士だとうなずくだけや「ふーん」で済ましてしまうこともありますが、アメリカ人はあいづちに手を抜きません。ほぼ1フレーズごとに、何らかのあいづちを打ちます。アイコンタクトもキープするし、肩をすくめたり、眉を上げたり、目玉を回したりとリアクションも派手なので、「ちゃんと聞いてくれている」という満足感が違います。

アメリカ人が誉め上手であることからも分かるように、英語には相手を肯定するあいづちがたくさんあります。よく使うものをご紹介しましょう。
  • Yes.(そうですね)

  • Uh, huh(Yesと同じ意味。)

  • Right.(そうですね)

  • Good.(いいですね)

  • Exactly.(まさにその通り)

  • Absolutely.(ぜったいにそうですね)

  • Definitely.(間違いなくそうですね)

  • That makes sense.(なるほど)

  • I know what you mean.(あなたの言ってること分かります)

  • I understand.(分かります or 理解できます 「I can understand.」とは言いません)

  • I like your idea.(いい考えですね)

  • Sounds great.(よさそうですね)
まず相手を肯定してから自分の話をする。これは日本人同士のコミュニケーションにも生かしたいですね。

>>上級テク! ボディタッチ>>