エルサレムへの道

城壁の上から見た旧市街

城壁の上から見た旧市街。城壁は一部歩くことができる ©牧哲雄

■エアー&ツアー情報
起点はイスラエルのテルアビブかヨルダンのアンマン。どちらもモスクワやパリ、アムステルダム、イスタンブールなどのヨーロッパ諸都市を経由する。格安航空券で8万円前後から。ツアーは7日間20万円前後から。テルアビブからエルサレムはバスで1~2時間、アンマンからエルサレムは国境でどれほどの時間がかかるかでまったく変わるが、だいたい4~5時間。

■周辺の世界遺産
エルサレムから10kmほどの位置にあるベツレヘムには世界遺産「イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路」と「オリーブとワインの土地パレスチナ ~南エルサレム、バティールの文化的景観」がある。

起点となるテルアビブは「テルアビブのホワイト・シティ近代化運動」が世界遺産登録されている。ヨルダンのアンマンから来るなら途中、死海に寄ってプカプカ浮かぶこともできるし、死海に隣接した世界遺産「マサダ」を訪ねることもできる。「ユダヤ低地の洞窟世界マレシャとベト・グヴリン」はエルサレムの南西40kmほど。

エルサレムのベストシーズン

旧市街の城壁とダビデの塔

旧市街の城壁とダビデの塔 ©牧哲雄

気候は温暖な地中海性気候。雨季は11~3月で、夏の最高気温は約30度、冬の最低気温は6度前後だ。テルアビブやエルサレムは直接戦場になっているわけではないが、テロなどの危険性がないとは言えないので、渡航前は外務省の海外安全ホームページなどをチェックしておこう。

世界遺産基本データ&リンク

イスラム教区の市場

イスラム教区の市場 ©牧哲雄

【世界遺産基本データ】
登録名称:エルサレムの旧市街とその城壁群
Old City of Jerusalem and its Walls
国名:ヨルダン・ハシェミット王国による申請遺産
登録年と登録基準:1981年、文化遺産(ii)(iii)(vi)、1982年危機遺産登録

【関連記事&サイト】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。