神が舞い降りた聖地『聖カトリーナ修道院地域』

城壁に囲われた聖カトリーナ修道院

堅牢な城壁に囲われた聖カトリーナ修道院。ユダヤ教、キリスト教の聖地であるだけでなく、イスラム教創始者ムハンマド(モハメッド)自ら聖地と認め、イスラム帝国下ではここにモスクも建てられた ©牧哲雄

神がモーセに啓示を与え、十戒を刻み込んで与えたという伝説の聖地シナイ山。ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地として、いまでも多くの巡礼者がこの地を訪れ、祈りを捧げている。

今回はシナイ山麓一帯を登録したエジプトの世界遺産『聖カトリーナ修道院地域』を紹介する。

モーセと映画『十戒』と『レイダース/失われたアーク<聖櫃>』

標高2,285mのシナイ山頂

神が降臨したという標高2,285mのシナイ山頂。ジェベル・ムーサ=モーセの山とも呼ばれているが、本当に聖書がいうシナイ山なのかは議論がある ©牧哲雄

まずは『旧約聖書』の『出エジプト記』を紹介しよう。

紀元前13世紀前後、ヘブライ人(古代ユダヤ人)はエジプトのファラオの下で奴隷労働者として働いていた。モーセはふとしたことからエジプト人を殺してしまい、シナイ山麓の砂漠地帯に逃げて羊を飼って暮らしていた。

死の砂漠が広がるシナイ半島

岩石砂漠が広がるシナイ半島。こんな景色を見ていると、ナイル川とその周辺の土地がいかに貴重だったかよくわかる

ある日モーセが羊を追っていると柴が燃え上がり、炎の中に天使が現れてこう告げる。「ヘブライ人を乳と蜜の流れる地カナンに導きなさい」。

ヘブライ人はモーセを指導者にエジプトからの退去を図るが、労働者を失いたくないファラオは認めない。神はこれに怒り、水を血に変え、ヒョウを降らせ、病気を流行らせ、長男を病死させるなど、エジプトに「十の災い」をもたらして戒める。

ようやくファラオはヘブライ人を解放するが、60万人が退去したあとで軍を派遣し、彼らを紅海のほとりに追い詰める。絶体絶命の危機にあったが、モーセが杖を振り上げると火の柱が立ち上がり、海がまっ二つに裂けて人々を迎え入れる。ヘブライ人たちはこうして海底を歩いて紅海を渡り、シナイ半島に到着する。

 

モーセは導かれるままにシナイ山を登ると、神が山頂に姿を現して、十の戒めを石に刻みつける。有名な「十戒」だ。

■十戒
    ラクダ

    砂漠では乾燥に強いラクダが交易を担った ©牧哲雄

  1. 私の他に神があってはならない
  2. 偶像を造ってはならない
  3. 神の名をみだりに唱えてはならない
  4. 安息日を設け、聖なる日としなさい
  5. 父と母を敬いなさい
  6. 人を殺してはならない
  7. 姦淫してはならない
  8. 盗んではならない
  9. 偽りの言葉を発してはならない
  10. 隣人のものを欲してはならない

 

神と契約を交わしたこの石板を箱に入れると、その箱が輝き出したという。ヘブライ人たちは「聖櫃(せいひつ)」「契約の箱」と呼ばれる光り輝く箱を先頭に、カナンの地を求める旅を続ける。

この「出エジプト」の様子を描いたのがセシル・デミル監督の『十戒』で、現在行方知れずとなってしまった聖櫃を探し求める冒険活劇が、インディ・ジョーンズ・シリーズ第一作『レイダース/失われたアーク<聖櫃>』だ。

紀元前1000年前後、彼らはついに「約束の地」カナンを定め、ヘブライ王国を建国する。その中心に建てたのがエルサレム神殿だ。以後の話は「聖地エルサレム」の記事を参照してほしい。