speaking of which

speaking of which

speaking of whichの意味は「そういえば」です。今回は、speaking of whichの意味や使い方を映画から紹介!
   

文例1. speaking of which/〇〇言えば・噂をすれば

『キル・ビル Vol.2』。セリフはザ・ブライドの仇、ビルのもの。
会話の途中、連想して何かを思い出したときに使う「そう言えば」。短いつなぎの言葉ですが、あるとないとでは会話の流れに大きく差がつきますよね。

英語で「そう言えば」に相当するフレーズはspeaking of which。「~の話をする」と、わりと直訳に近い言い回しなので覚えておくと便利です。

I was just admiring your sword. Quite a piece of work. Speaking of which, how is Hanzo-san?
良い刀を持ってるな。素晴らしい出来栄えだ。刀と言えば、ハンゾウさんは元気かな?
『キル・ビル Vol.2』

speaking of whichはまた、「噂をすれば」という意味でも使われことがあります。タイミング良く何かが起こったり、誰かに出会ったりするときに使用します。

Speaking of which, here she comes now!
噂をすれば、彼女が来たよ!
『Count Duckula(原題)』
 

文例2. speaking of which/考えてみれば

『ロード・オブ・ウォー』。セリフは主人公ユーリーの妻、エヴァのもの。
Speaking of whichと似ているフレーズでもう一つ、come to think of itというのがあります。こちらも「そういえば」という意味がありますが、どちらかと言えばより深く考えて思いついたことに対し、「考えてみれば」と訳されることが多いです。

I feel like all I've done my whole life is be pretty. I mean, all I've done is be born! ….Come to think of it, I'm not even that pretty anymore.
生涯で一つ成し遂げたことは、美人に生まれてきたことだけ。……でも考えてみると私、もう昔ほどきれいではないわ。
『ロード・オブ・ウォー』

speaking of whichcome to think of it。どちらも話題を変えるときに添えるとスムーズな会話になります。日常的なフレーズなのでたくさん使って慣れ親しんでくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。