多彩なメニューと充実のフランケンワイン

ドイツ料理といえば肉料理ですが、ここラーツケラーでも豚や牛、鴨など様々な種類のお肉が食べられます。付け合せは、バイエルン定番の「クヌーデル」というジャガイモやパンで作った大きな団子や、ポテトサラダ、ポテトグラタンなど。ミュンヘン名物の白ソーセージ他、バイエルンとフランケン(バイエルン州北部のニュルンベルク、ヴュルツブルク周辺地域)のいろいろなソーセージが揃っています。スープや前菜、軽食なども充実。ベジタブル料理や魚料理も美味しいです。

ラーツケラーのドイツ料理
左上から時計回りに、「マウルタッシェン(大きなラビオリのような料理)」 、バイエルン料理の「シュヴァインスハクセ(豚の骨付きすね肉)」、「リンゴの揚げ菓子クルミアイス添え」、「ヴィクトゥアリエン市場の野菜グラタン」

その他、今ドイツでトレンドのBIO(オーガニック)の食材を使用したメニューも各種あります。BIOワインやBIOビールも飲めますよ。メニューをめくると、最初にBIOコーナーが載っているので、すぐに分かるでしょう。

そして、このラーツケラーはフランケンワインが揃っていることでも知られています。trocken(トロッケン=辛口)、halbtrocken(ハルプトロッケン=中辛口)、lieblich(リープリッヒ=甘口)各種あり、小さなグラスでも頼めるので、数種類飲み比べることもできます。ちなみに前述のBIOワインも、フランケン地方のワインです。

ラーツケラー
魚料理も美味!
ドイツ料理はボリュームがあり、日本人にとってはびっくりするような量が出てくることが多いですが、このラーツケラーはそうでもありません。他と比べると控えめの量で、上品な盛り付けがされています。値段の方は多少高め。それほど高級というわけではありませんが、ドイツレストランの中では少し高めの部類に入ります。


大人数の場合は予約を

いつ行っても混んでいるので、最も混む時間帯(夜7~9時ごろ)には、前もって予約をしておくと安心。広いので、少人数ならほとんどの場合、係りの人がどこかに席を見つけてくれますが、大人数の場合はまとめて席を取るのが難しいこともあります。マリエン広場は観光途中で通ることが多いと思うので、当日の夕方くらいまでに一度レストランに入って予約をするのもいいでしょう。予約は中央奥のカウンターでします。



町の真ん中で美味しい郷土料理が食べられれば、こんないいことはありませんよね。どこで食事をしたらいいか分からない……という人は、まずラーツケラーに行ってみましょう!

【DATA】
ラーツケラー ミュンヘン Ratskeller München
場所:ミュンヘン・マリエン広場、新市庁舎の地下
営業時間:毎日10:00~24:00
予約用電話番号:+49-(0)89-21 99 89 15
Webサイト:http://www.ratskeller.com(ドイツ語)
※日本語のメニューはありませんが、料理の写真が載った英語版があるので、とても分かりやすいです。

【関連記事】
  • ドイツで出合える美味しいもの

  • ドイツのレストランの利用法とマナー

  • ミュンヘンの朝食 白ソーセージ&白ビール

  • 芸術とビールの町ミュンヘン


  • 【関連リンク】
  • ドイツビール/ワイン

  • ドイツ料理/パン/スイーツ

  • ミュンヘンと南ドイツ
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。