ミュンヘン空港は「空港以上」のエンターテインメント場!

ドイツ・ミュンヘン空港ガイド!ターミナル・免税店・レストランなど

欧州一と評判のミュンヘン空港。ルフトハンザと全日空が日本からの直行便を運航

<目次>
ミュンヘン中心から北東へ約30kmの所にあるミュンヘン空港(正式名称:Flughafen München Franz Josef Strauss)はフランクフルトに次ぐドイツ第2のハブ空港。日本からはルフトハンザ航空と全日空(ANA)の直行便があり、人気のロマンチック街道など南ドイツを旅する際や他国への乗り継ぎにも利便性が高い空港です。特徴的な建築も話題を集め空港自体がミュンヘンの観光名所のひとつとなっているミュンヘン空港は、イギリスの調査会社から「欧州一の空港」に選ばれたことも。
 
BMW

空港内にはミュンヘンに本社を構えるBMWの展示もあり!

 
空港広場

ターミナル1と2の間の広場では冬はクリスマスマーケットも開催されます。

2006年にオープンしたターミナル2とターミナル1をつなぐ中央エリア「ミュンヘンエアポートセンター(MAC)」は自家醸造ビアガーデンほか飲食店やショップ、ホテルが集まる複合施設としても評判で、冬に開かれるクリスマスマーケットも大人気。飛行機に乗る予定がなくても行きたくなってしまう、まるでテーマパークのような空港なのです。

ここでは日本からの直行便が到着するターミナル2を中心に出入国の手順や免税店、お土産、レストランにガイドおすすめの休憩所まで、ミュンヘン空港を隅々まで楽しめるお役立ち情報をお届けします。

参考記事>>>ドイツへのアクセス・航空券

ミュンヘン空港公式HP(英語)
 

ミュンヘン空港ターミナルでの入国と出国の手順

fh17

ゲートが一直線に並んでいるので分かりやすく乗り継ぎもスムーズ

日本からの直行便が到着するのはルフトハンザ、ANAともにターミナル2。ここではほとんどの日本人旅行者が利用すると思われるターミナル2を例に、ミュンヘン空港の入国と出国の手順をご案内します。

■ドイツ入国
荷物受取

到着ゲートに着いたらターンテーブルから荷物をピックアップ。

到着ゲートに着いたら案内表示に従って入国審査(Passkontrolle)へ向かいパスポートを表示→地上階(レベル3)まで下り、手荷物受取所(Gepäckausgabe)でスーツケースをピックアップ→税関審査(Zollkontrolle)へ。申告するものがあれば検査を受け、無い場合はそのまま進み到着ロビーへ出ます。

ミュンヘン空港から市内へのアクセス方法はエアポートバス、Sバーン、タクシーなどがあります。

■ドイツ出国
地上階(レベル3)のカウンターで搭乗手続き。荷物を預ける。→上階(レベル4)で保安検査を受ける※免税手続き(タックスリファンド)をする商品がある場合は申請し税関カウンターへ→レベル5で出国審査後、各搭乗ゲートへ。

ターミナル2ではすべての搭乗ゲートが一直線に配置されているので初めての人でも分かりやすいと思います。

搭乗手続きと免税カウンターはかなり混雑することがあるので、免税手続きをする人は早めに空港に到着するようにしましょう。

続いて、免税店やブランドショップ、おすすめのお土産などショッピング情報をお届けします。
 

ミュンヘン空港でショッピング!免税店、リモワ他ブランドショップ

免税店

免税店も充実の品揃え。秋はオクトーバーフェスト・グッズも登場。

空港でのお楽しみはショッピング! という人も多いですよね。ミュンヘン空港はショップがとても充実しているので買い物好きなら飛行機の待ち時間では足りなくなってしまうかもしれません。有名ブランドの化粧品やアルコール類が揃う大型免税店、デューティーフリーショップはもちろん、「ヒューゴ・ボス(HUGO BOSS)」「ブリー(BREE)」「モンブラン(Montblanc)」「シュタイフ(Steiff)」などのドイツブランド、エルメス、ロンシャン、バーバリーといった世界の有名ブランドなど150以上ものショップが揃いまるでデパートのよう。
 
fh11

国内外で大人気のリモワのスーツケース。ターミナル2のレベル3にある鞄屋さんにて

日本人に大人気の「リモワ(RIMOWA)」のスーツケースは、ターミナル2のチェックインフロア(レベル3)にある鞄屋さん「Sand Baggage Service」のほか、「ルフトハンザ・ワールドショップ」ではルフトハンザとリモワがコラボした限定商品が手に入ります。
 
FCバイエルンショップ

ミュンヘンの強豪サッカーチームFCバイエルンのファンショップ。

地元の強豪サッカーチーム「FCバイエルン」ファンショップや、秋に見られるオクトーバーフェスト仕様のディスプレイもミュンヘンならではです。
 

ミュンヘン空港でおすすめのお土産 スーパー、ドラッグストア他

fh16

ばらまき土産ならスーパーやドラッグストアでまとめ買い。写真はスーパー「エデカ」

職場へのお土産を買い忘れちゃった! という時もご安心を。同僚や友人へのばらまき土産のまとめ買いにぴったりなスーパーやドラッグストアも揃っています。

ミュンヘン空港では、ターミナル1に隣接したエアポートセンター(MAC)の中にスーパー「エデカ(Edeka)」(ターミナル2にも小型店舗あり)とドラッグストアの「ミュラー(Müller)」が入居。スーパーではチョコレートやお菓子、コーヒー、紅茶などの食品やエコバッグ、ドラッグストアでは「ヴェレダ」「アンネマリーボーリンド」などオーガニックコスメやハンドクリーム、クナイプの入浴剤などが日本へのお土産に人気です。
 
cedon

おしゃれなファッションや雑貨が揃うデザイン&ギフトショップ「CEDON」

ガイドのお気に入りのショップはデザイン雑貨のセレクトショップ「CEDON」(ターミナル2制限区域)。ファッションやインテリアグッズ、ポストカードなどグッドデザインなセンスのいい雑貨が揃っていて見ているだけでも楽しいですよ。

スイーツ好きならコンディトライ「ライジーファー(Leysieffer)」(MAC内)へ。絶品チョコレートやバウムクーヘンが手に入ります。

【おみやげの関連記事】  

ミュンヘン空港のレストラン、ビアハウスはレベル高し!

fh9

自家醸造のビールが飲める「エアブロイ」は広々としていて団体利用もOK。ビアガーデンも併設

空港の中のレストランというと高いばかりで味はいまひとつということも多いですが、ここミュンヘン空港は別。レストランやビアハウス、カフェにバーまでグルメも納得のお店が揃っています。とくにバイエルンやミュンヘンの特産のものがいただける地方色あふれるお店が充実しているのが嬉しいところ。

なかでも人気なのが空港内の自家醸造所でつくられたビールが飲める「エアブロイ(Airbräu)」。エアポートセンター(MAC)にある店舗には広々としたビアガーデンも併設されています。ほかにも「ホーフブロイハウス(Hofbräuhaus)」「エアディンガー(Erdinger)」「パウラーナー(Paulaner)」などバイエルンを代表する人気ビールメーカーが揃っていて、出発直前まで美味しいビールとともにソーセージやバイエルン特産の料理を楽しむことができます。
 
ダルマイヤー

ミュンヘンを代表する高級デリカ「ダルマイヤー」はコーヒーでも有名。

このほかミュンヘンの2大高級デリカ「ダルマイヤー(Dallmayr)」と「ケーファー(Käfer)」のビストロ・カフェや、ハンバーガーなどのストリートフードが楽しめるフードコート風カフェ、シーフード、イタリアン、ステーキハウス、アジア料理、コーヒーショップにバー、スイーツカフェなどお好みに合わせてよりどりみどりです。
 

ルフトハンザ出発ゲートにコーヒー販売機あり

ネスプレッソ

ネスプレッソの自動販売機。コーヒーがお手頃価格で飲めます。

ミュンヘン空港のターミナル2にあるルフトハンザの出発ゲート近くには、ネスプレッソの自動販売機がいくつか設置されています。コーヒーや紅茶が2ユーロで購入できるので空港内のドリンクを買うと割高なのでここは穴場といえそう。新聞や雑誌なども用意されています。
※以前あった無料ドリンクコーナーはなくなりました。
 

ヴィトラ社のラウンジが無料で利用できる!

fh4

秘密のラウンジ。ヴィトラのデザインチェアやソファでくつろげる贅沢空間

空港には様々なラウンジが用意されていますが、多くは航空会社によるアッパークラス向けのもの。ですがミュンヘン空港には誰でも無料で利用できる休憩所がいくつかあるんです。ここでご紹介するのは空港案内にも記載されていない穴場中の穴場。それもデザイン好き憧れの「ヴィトラ(Vitra)」によるラウンジ! あのヴィトラ社のかっこいいソファや椅子で休憩したりPC作業をしたりできるという、なんとも贅沢な空間なんです。

ヴィトラのラウンジがある場所は、ターミナル2のレベル4にあるゲート16の近くとレベル5の日本便の出発ゲートの近く。外からはちょっと分かりにくい構造になっていますがぜひ探してみてくださいね。

以上、ミュンヘン空港のとっておき情報をお届けしました。みなさんの待ち時間がもっと楽しいものになりますように!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。