ミュンヘンの中心「マリエン広場」

マリエン広場(マリエンプラッツ)
ミュンヘンの中心「マリエン広場」。写真右側に立つのが「新市庁舎」
ミュンヘンの町の中心は、中央駅からSバーン(近郊電車)で2つ目の「マリエン広場(マリエンプラッツ)」。ここには仕掛け時計がある立派な新市庁舎が立ち、周辺にはお店やレストラン、カフェがたくさん並んでいます。

地元の人、観光客が常に行き来し、とても活気のある場所。気候のいい時期はレストランやカフェがテーブルを出し、みんなそこでビールを飲んだりお茶をしたりしながら、ミュンヘンの風景を楽しんでいます。広場にはステージが設置され、イベントが行われることも。12月は広場全体がクリスマス市となります。


オススメのドイツ料理レストラン「ラーツケラー」

ラーツケラー
新市庁舎の地下にあるレストラン「ラーツケラー」
そんな町の中心広場だから、レストランはどこも人がたくさん入っています。でも町のど真ん中って、観光客向けのちょっとイマイチなお店が多いですよね。そこで今回は、マリエン広場で美味しく食事ができるレストランをご紹介します!

ラーツケラー
様々なタイプの席があるので、店内を一周して見るのも面白い
ドイツの各町の市庁舎にはレストランが併設されていることが多く、そこの郷土料理を食べることができます。それらのレストランは「ラーツケラー(Ratskeller)」と言い、ミュンヘンの新市庁舎にももちろんあります。ここがとっても美味しいんですよ! 店内はかなり広く、少人数で落ち着いて座れる席、グループでまとまって座れる大きなテーブル席、団体客が貸し切れる部屋など、バリエーションに富んだ造り。インテリアもとっても素敵で、重厚さとかわいらしさがミックスした感じです(これは、ドイツレストランの特徴でもあります)。

新市庁舎
ゴシック建築の新市庁舎
ガイドブックには必ず載っていますし、マリエン広場という場所柄、観光客の姿をよく見かけますが、地元の人もたくさん来ています。1874年創業のレストランなので、昔からミュンヘン市民に親しまれてきたこと、そして何よりも美味しい料理をいただけることが、いつも多くの地元民で賑わっている理由でしょう。

次のページでは、メニューの内容をご紹介。お料理の写真満載です!