美肌は夜に作られる

睡眠不足は美肌の大敵!

睡眠不足は美肌の大敵!

疲れているのに眠れない。朝起きても疲れがとれていないなんてことありませんか?
お肌はとても正直。睡眠不足が続くと、朝の化粧のノリが悪くなったり張りがなくなったり、すぐに顔に現れてしまいますよね。それもそのはず。美肌は夜作られているのです。

新しい元気な細胞を作るための成長ホルモンは、寝ている間に作られます。睡眠時間が短かったり、しっかり眠れない日が続くと…当然、美肌を作る機能もダウンしてしまうのです。
睡眠の質は、お肌の鮮度を維持するための大切なポイントだったのです!
 

睡眠お助け成分!

睡眠の質をUPさせるポイントは、スムーズに眠りに入るための誘眠効果。緊張した体や、高ぶっている神経を鎮めて眠りやすい状態を作ってくれるリラックス成分は、ハーブの中から見つかっています
 
緑茶
緑茶に含まれるテアニン
テアニン
テアニンは緑茶に含まれる「うまみ」の素となるアミノ酸(グルタミン酸の誘導体)です。
リラックス効果を持っていて、睡眠に入るのを助けてくれます。
うまみ成分の多い玉露に多く含まれていますが、お茶には覚醒作用のあるカフェインも一緒に含まれています。誘眠効果を狙うなら、テアニンだけを抽出しているサプリメントの方がおススメです。

バレリアン(セイヨウカノコソウ)
バレリアンは、ドイツのコミッションE(薬用植物の評価委員会)で「不眠症」、「精神不安」などを改善する効果があると認められているハーブ。実際、色々な実験で、寝付くまでの時間が短縮したり睡眠の質が向上し寝覚めが良くなるなどの結果が出ています。
ただし、摂りすぎると頭痛や動悸などのトラブルもあるので、適量を上手に利用しましょう。また、含まれている成分で子宮を収縮させる可能性もあるので、妊娠中は使わないようにしましょう。
 
リラックスタイム
メリッサ(レモンバーム)
メリッサ(レモンバーム)
日本ではレモンバームの名前で知られているメリッサ。アロマテラピーに使うハーブとしても知られていますね。メリッサの香りには精神の鎮静効果があると言われています。サプリメントとしても、コミッションE(薬用植物の評価委員会)で神経性不眠症の改善効果を認められているのです。

 

ポイントは 寝る前1時間

リラックスタイム
眠る1時間前はリラックスタイムに。
紹介した3つの成分は、それぞれリラックス効果の高いハーブです。しかも、「バレリアン+メリッサは、組み合わせることで高い効果を期待できる」といった相乗効果もあるようです。
この他にも、効果を高めるためのポイントがあります。それはサプリを摂るタイミング。安眠サプリはベッドに入る1時間くらい前にとるのが効果的なのです。
サプリを摂るだけでなく、朝の光を浴びて体内時計をリセットする方法や、運動なども組み合わせれば、朝の爽快感がUPするはずです。

さらに美肌効果を高める睡眠の秘訣が、時間帯。同じ睡眠でも、夜10時~深夜2時の時間帯が最も成長ホルモンを出しやすいのです。毎日は難しくても、疲れが顔に出てしまったり、明日は勝負!という日は頑張って早めにベッドに入りましょう。

ぐっすり眠れた翌朝は、お肌のハリはもちろん、気持ちも元気になれますよね。安眠サプリを上手に使って、スッキリした朝を迎えましょう!


※サプリとはいえ眠りを誘う成分なので、摂取後の運転は避けましょう。
【関連リンク】
診断!あなたのサプリメントが効かない理由
・All About >> 睡眠・快眠 >> 不眠解決法は? あなたの快眠度チェック!
・All About >> 睡眠・快眠 >> 今日からできる! 快眠のための4つのコツ
・All About >> 睡眠・快眠 >> 快眠を助けてくれる漢方薬とサプリメント
・All About >> スパイス&ハーブ >> 毎晩飲みたい! おやすみ前の快眠ドリンク
・All About >> ボディケア >> 快眠のためのヨガ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。