彼氏の実家訪問!好印象を与えるマナーを身に着けよう

彼氏の実家へ訪問する際のマナー

彼氏の実家へ訪問する際のマナー


ドキドキの「彼のご実家 ご訪問」 初めてのご対面の瞬間から、失礼する際、さらには、その後のお礼の伝え方までの不安を解消し、高感度の高い「息子の彼女」を演出しましょう。

それでは「また、いらしてね」と言われるためのポイントを、玄関に入ってから、帰ったあとのフォローまで、シチュエーション別にご紹介して参ります。

<目次>  

マナー1:挨拶などの玄関先ですべきこと

彼氏の実家へ訪問する際のマナー

玄関先でのマナーにも気を付けて


先ずはここで最高のファーストインプレッションを与えたいものです。

■コートはどうする?
今回のターゲットは彼のご両親ですので、もちろん「目上の方」であり、さらに、「家の中へお邪魔することが前提」という点からも、コートは必ず脱いでからお目にかかるようにしましょう。

コートのマナーについてもっと知りたい方はこちら 「この冬、差が出る! コート着脱ルール」

■「初めまして」のご挨拶
緊張の瞬間ですが、大切なファーストインプレッションを最高のものに!

・笑顔で
・ご両親の目を見て
・挨拶言葉をしっかりと

上の3点をふまえ「初めまして。〇〇と申します。本日はお招き頂きありがとうございます」と、ご挨拶しましょう。30度位の綺麗なお辞儀をプラスすればグッと印象アップ。玄関では、これで「良いお嬢さん」の印象が与えられましたね。

■「どうぞ お上がり下さい」と言われたら……
まっすぐ前を向き、靴を脱ぎます。上がったら、かがんで靴の向きを変え、揃えて隅に置きましょう。クルッと背中を向けて後ろ向きに脱ぎ、上がるのはNGです! 手みやげは、玄関先ではなく、部屋に通されてからお渡しします。
 

マナー2:会話は節度を持って、和やかに

彼氏の実家へ訪問する際のマナー

彼氏の実家へ訪問する際は、ナチュラルメイクを心がけて


ご挨拶が済んだら、緊張しながらも楽しく話したいものですね。

■彼の呼び方
普段呼んでいるニックネームや〇〇クン、〇ちゃん、もご両親の前で呼ぶのは、大人の女性として失格です。名前でも苗字でも結構です。初めての訪問は「〇〇さん」 との呼び方が、1番印象が良いようです。

■ご両親の呼び方
「お父様」「お母様」では早い、という考えもありますね。やはりここは 「〇〇さんのお父様」「〇〇さんのお母様」が好印象でしょう。

■彼との会話
ご両親の前で、馴れ馴れしくならないよう気をつけて。 会話の中でも、彼を立ててあげるよう気遣えることも大切です。
 

マナー3: お食事のお手伝い

お招き頂いている立場ですので、あまり出しゃばるのも感心できませんね。但し、食事の支度時や終了時には、「お手伝いいたしましょうか?」のひと言を! その後の判断は彼ママにお任せしましょう。

また、和食・洋食などの基本マナーも確認しておいて下さい。お箸の上げ下ろしや、ナイフ&フォークの扱い方で、あなたの普段の振舞い方の良し悪しが伝わってしまいます! ご馳走になった際の「とても美味しいです」の言葉も忘れずに。


和食のマナーについてもっと知りたい方はこちら 「大人マナーで和食店に行きません?」
 

マナー4:帰る時…… そして、帰ってからの心遣い

帰り際や、帰った後も、女性としての心遣いを忘れずに。

■切り上げるタイミング
会話が弾み楽しく過ごしていても、「お嫁入り前のお嬢様」なのですから、あまり遅くまでいらっしゃるのは感心できません。切り上げる際の「両親が心配しますので……」は、有効なセリフかもしれませんね!

■帰った後の大切なこと
お招き、おもてなし下さったことへの感謝の気持ちを伝えるのは、とても大切です。翌日に電話でも、また手紙でも結構ですから、上手にお礼を伝えて下さい。ここまでで、やっと「初めてのご訪問」が完結です。
 

手土産や準備に困ったら、彼のフォローで不安解消

不安で緊張の訪問も、彼が一緒なのですから、どんな事でも相談し、助けて頂くのが賢明です。手みやげは何をお持ちすれば? どんな話をすれば? お食事はどんな物をご用意下さるの? こんな事聞かれたらどう答えれば?……etc. 彼がきっと上手にアドバイス&フォローをして下さるはずです。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。