海外旅行では、「単語さえ並べればなんとかなる!」と思うことってありますよね。ところが、旅行中に遭遇するものを表現する英語は、日本の学校で習っていないことも多く、いざとなると、「あれ、これってなんて言うの?!」ということも、よく起こります。そこで今回から、普段あまり聞いたことがない、でも実はよく使う、海外旅行で役立つ単語をシリーズでご紹介します。

「テーブルを出す」ってなんて言う?

drug
背についているテーブルはtrayまたはtray table
飛行機に乗ってflight attendant(フライト・アテンダント)さんにboarding pass(搭乗券)を見せると、2列あるうちのどっちの通路に行けばいいかを教えてくれますよね。あの「通路」は、aisle[アイル]と言います。チェックインで座席を選ぶときに、Window or aisle?(窓側ですか、通路側ですか)のようにも使います。

席に着いてまずするべきことは、頭の上の棚に荷物を入れること。この「頭の上の棚」は、そのままoverhead binと言います。binは「何かをしまっておくところ」という意味で、「ゴミ箱」をtrash binと言ったりします。

席に着くと、blanket(毛布)とpillow(枕)と一緒に、ヘッドホンが置いてあります。英語では一般に、頭にかぶる形式のものはheadset、耳に差し込むタイプのものはearphoneと言います。それから、前の座席の背についたポケットに、雑誌や機内食メニューがありますが、あのポケットはseat pocketと言えば通じます。同じく座席の背についたテーブルはtrayまたはtray table。飛行機が水平飛行に入るまでは出してはいけないものですが、それでは「テーブルを出す」を英語で言うと……?

あの「出す」という動作は英語ではpull down(引いて下ろす)と言います。逆に、「しまう」ときは「押して戻す」のでpush back。離陸前にテーブルを使っていると、フライトアテンダントさんにPlease push back your table.(テーブルをしまってください)と注意されてしまうかもしれませんね。

「離陸」はtake offで、「着陸」はlandingです。take offして落ち着いたら、次はいよいよ映画の時間ですね。機内で映画を見たり音楽を聴いたりすることができるあの設備のことは、in-flight entertainment(機内エンターテイメント)と言います。「機内映画」をin-flight movieと呼んだりします。また、映像システム全般のことは一般にvideoと言うので、画面がちゃんと作動しなかったら、The video doesn't work.(映像がうまく出ないんです)と言えばいいですね。

さて、それではお楽しみの食事の時間です。「機内食」を英語で言うと? これはもう、だいたい想像がつくのではないでしょうか。次のページでチェックしてください!

>>機内食にまつわる英語<<